2012年10月21日

雨漏り修理診断(京都府・亀岡市にて)鉄柵と笠木

御閲覧感謝致します。

本日は日曜日で作業は出来ません。京都府亀岡市に雨漏り修理の診断にお伺いさせて頂きました。写真のとおり鋼板笠木と鉄柵の間の縁が切れておりません。鉄柵と笠木に当たった雨は、隙間に長く滞在し、錆による腐食が縁が切れている状態より早く進行致します。結果的に錆による笠木腐食からの雨漏りですが、もうご使用にならない鉄柵とお聞きいたしましたので、こちらの鉄柵の撤去と、側壁の下地まで腐食したアスファルトシングルの補修、及び笠木新調などが最低限必要な工事となります。後は御施主様御希望のちょこっと工事を踏まえまして、此の度も意味のある工事の御提案となります。

本日は当店に雨漏り修理診断御依頼、誠にありがとう御座いました!