2012年09月30日

長雨とゲリラ豪雨の漏れ方の違い(台風17号)

本日は日曜日にて、作業はお休みです・・・下の猫と共に、ゆっくりする予定でしたが、性分上そうもいかず自宅で風向きや雨量を感覚で推し測っておりました。長雨で雨漏りする屋根は、とことん距離を稼いで参ります。故に明日からもし初めての漏水処理のお客様に当たる場合は注意が必要です。直下と決めつけますと後でしっぺ返しを自然から頂きます。逆にゲリラ豪雨などの漏水はオーバーフローを含めまして勾配やφの問題となります。こちらは直下が多く至って考察はし易い方です。何れに致しましてもホース一本では再現しにくく私が散水を殆どしない理由となります。ホースよりドレン廻りのφが太く、長雨を再現するには2時間以上の散水が必要だからです。どの様な降り方であれ、雨漏りはナメテ掛からないのは心と体に染みついております。 😛