2011年07月17日

一号機様へ

一号機様へ

換気扇の前で一服する時

私が飲むコーヒーのシールを

物色される一号機様

この前私と応募した快感が忘れられないのでしょうか?

ko-hi-nosi-rudesu

私はあなたがPCの前で

応募すれば必ず当たるものだと確信し

目を輝かせ、しばしの間

どの商品に的を絞ろうかと

笑顔で悩んでいたのを思い出してなりません。

こんなにも集めたのに

si-ruwoatumemasita

二号機様が全く関係無い卵の賞味期限とかのシールを

横に張りながらでも

二回目の応募を心待ちにされている一号機様・・・

あなたが余りにも外れた時のショックが

痛々しくて

私は少々嘘をついてしまいました。

私:百枚集めなければ当選は難しいと・・

一号機様:百枚集めないとむずかしいのかあ・・・・

本当の狙いはあなたが余りにも一心不乱で

クリックし読ける様をみて、賭け事にハマル可能性を

この前充分感じ取ることができましたので

このシールの事を忘れてもらおうと思ったからなのです。

元来飽き症であるあなたは、私の思惑通り

シール集めを忘れられた様で

心から嬉しく思っております。

一号機様、貴方が巣立つその時まで、

名整備士の私にお任せあれ!! 😆

今回の登場人物

私:・・・・

一号機:最初に出会った宝

二号機:次に出合った宝

おまけ

度々ネタに詰まった時登場して貰おうかと思っているネズミ

iyohatiyuttarimo-dodesu

いきとるかー? 😆