2019年11月21日

愛と心と魂と

(⋈◍>◡<◍)。✧♡

今日も一日頑張って、皆で遅くなったので中華料理を食べて帰りました。

あまり高くないお店ですが、我々には充分過ぎる程のもてなしを頂きました。

王将っす (笑)

 

今日はその交わりの中での一面に続くお話を綴りたいと思います。

愛は、罪の内に在る魂も
愛は、闇の内に在る心も

救う事適う神の恵でもあります。
救いとは愛と自由が織り成す両翼の姿を取る事でもあります。

愛は
過失や後悔で必要以上に小さく卑屈に成った、及びそう成らされた心を隆起させます。愛は愛そのものの本質の一部としても絶える事はありませんから、何時も期待に湧き、大きく膨らんでいても良いと思っております。

愛は
傲り、高ぶり、傲慢に成った。及び成らされた魂や精神を砕き、悔い改めを伴いつつ小さくなる事によって共有と共育性の可能性を帯びる範囲を著しく拡げてくれる賜物でもあります。言い換えれば小さくなる程に可視範囲を拡げる事に繋がりますので、心に働きかける作用とは逆の役割を担っております。

精神性のみ及び、世俗性のみでは両翼を成すには難しいと私は思いますし、私共は皆それぞれに、その一面に秀でた賜物を頂いており、皆に向かう感謝はおのずと繋がって行く次第でもあります。

時、同じくして次女に言葉を頂く事にもなりました。
以前の私より、今の私の方が・・

嬉しさに触れ飲まれる事よりも
そうか、お互いに変われて良かったと
互いに受けた恵に意識が後を追う様に湧いて来ておりました。
これは心より魂が先んでた経緯とはなりますが
どちらも疎かには出来ないし、在る物を削る必要もないと確信するのであります
何故なら次女は心からそう伝えたからであります

イラストの様に左右対称、心も魂を対等の体を取る事が愛が望む姿でもあります。
私は、私共は、これからも両の翼で歩みたいと刻んだひと時でもありました。

(⋈◍>◡<◍)。✧♡ 今日もありがとう御座いました。

この様な証でありましても
どの様な選択をなされても
自由で無ければ愛はその働きを成す事は出来ません。

それではお休みなさい。zzz・・

腰が・・ふゎ~ってなる お布団へ GO!!であります!!
(`・ω・´)ゞ (笑)