2019年06月15日

価値観と世界観

(@^^)/~~~皆様こんにちは

今日は価値観と世界観というタイトルの元
飛ぶ意義について考えていました。
なんとか、どんな状況でも、いくばくかの助けに
そう、ほんのちょっとでも、ってね。思考が止む事はありません。

大袈裟ですけど
明日居れるかどうか解らないので書けるときは
やっぱり書いておこうと思います。

さて
私が思考する理由は色々あるんですけど
やはり一番の要因は笑われるかもしれませんけど
眼に視えない存在は良い者ばかりではないという事

実際に私の先輩は
狐に憑かれる前と後の方を知っているとか
だけど、それが狐かどうかは解らない。
ともかく何かに憑依されている事だけは間違いないとかね・・。
こういう事実を教えて頂くと
ゆっくりと自分の魂が何かを探そうと動き出します。

で、こんな時、自分も寝てるか寝て無いか良く解らない中間の時
ノンレム睡眠っていうのかな?
自分の名前を君付けで呼ばれたりする。
どうなんでしょう、皆さんもそんな経験あるのではないでしょうか

あ、そうそう飛ぶですね。飛ぶ。
以前心の扉は2枚あって片方が自分、片方が人と表現して
この二枚の扉をはためかせて飛ぶと自分の目的地に行ける
そんな事を語りました。

そこで今回は飛ぶ意義についての考察です。
別にゴロゴロ転がって進んでもいいし
片翼で廻りながら進んでもいいとは思いますが
飛ぶと何が良いのか?その様な気付きから。

ずばり申し上げますと
自分を客観視し易い。
言い換えると自分を上から目線で見る事が出来るという事です。
人を上から目線で見るとあらゆる弊害が生まれますが
自分を上から目線でみても何の弊害もありません。
それから今の自分を取り巻いている環境も客観視し易いという事もありますね

これを僕は自分の世界観を感じ見る
こんな言葉にも置き換える事が出来ると思ってます。

人は心の扉と共に
価値観と世界観の両方を持っていて
価値観を磨いたり、それが固くなって固定観念になった時に
価値観を評価して柔らかくしてあげれる自分。
また固定観念を壊してあげれる自分。
すなわち世界観
客観的に自分の歩みを見れる眼が必要だと思っております

因みに私はこの前、救世主という固定観念を壊しました
詳しくその始まりは神の御霊は誰にでも降りる。
この言葉を信じ直したからです。
正確には信じ直すきっかけを人様から
信仰者以外の方から頂いたという事です。
まさに私の願うことではなく
あなたのみここのままを、なさってください
この聖句に完璧に結びつきます。
ありがとう御座いますm(__)m

この様な事ではなくて価値観と価値観が対峙したとき
互いが世界観なく交じり合った時
自分が懸命に磨いてきた
また必死で養ってきた価値観を誰かが叩いたらどう感じるか?
これはもう火をみるより結果は明らかです
語るまでもありません。

また石の様に固くなった価値観、固定観念は手に持つと
どうしても叩きたくなる衝動にも駆られてしまいます
おそらく、これは善悪の是非や教えの深さ浅さを超えてくる現象
多様化した人間性の性・罪ともいえる部分ではないでしょうか
ここを先ほどの眼に視えない存在が利用してきます。

これに対抗すべく
これらを言葉で可視化出来たら
多少の対抗策になるのではないかな?
その様に思い続けます。

実際に世界観が働くとどうなるか
たとえば
懸命に山を登る自分を上から見てあげれます
その際には懸命に山を登る自分を他の眼が視てくれる事は別ですが
懸命に山を登る自分を他の眼に委ねる事はしなくていい
特に目に見えない誘惑者の眼
また、誘惑者に一時的にでも捕まってしまっている方の眼に

また
懸命に山を登る自分と隣で共に上る方
この様な場合にも同時に客観視できて
比べなくていい、争わなくていい
むしろ位置の確認より眼に映る物全ての全景の方が大切です

救助に向かう時でもどの方向からが最善なのか
その人がどう登って躓いたのか
これを意識して救助に向かう方向性。
上からの安心感が必要なのか
下からの鼓舞が必要なのか
横からの共感覚が最も良いのか
寄り添うとはとても難しく失敗する事もあると思います。
それでも自他共、含めた両者がどうすればこの山を超えれるかに集中する事は何時か報われる
報われたらお互いの財産で必ず遺っていきます。
この様な見方、捉え方が出来るのではないでしょうか

また、先人が遺した物や作品。
自然が語りかけてくれる物
これらも確実に世界観を拡げていってくれる中枢を成していると思います。

実際、身近な例で挙げますと
映画鑑賞をする際にはこの世界観が働いていて
登場人物の価値観や固定観念を同時に視れています。
言わば偏在する事無く(偏って視ないで)
臨在して(全てに在って)干渉する事が自然と出来ているという事ですね
この視点は、本当に大切な贈り物で
固定観念の呪縛から少しずつ解放していってくれる見方だと思っています

まだまだ自分自身も発展途上で
いや、もうずっと
拡がって包めて行けるなら
ずっと発展途上でいい
そんな風に自分を客観視しております。
これが自分の扉でもあります

硬くなった価値観・固定観念
凝り固まったのなら柔らかく包めたらいいな
磨き掛かって輝いたのなら
少し離れた所から、それを一緒に視れたら
もっとその反射する光が届く大きさにお互いビックリするかもしれない
これがもう一つの扉でも御座います

そんな世界観をもって
飛びたい。


ちょっと


いいこと


おもいついた

そうですね
僕にとっては
思い付きや気付きって本当に自分を拡げてくれて楽しいです。

(@^^)/~~~本日はここまでで精一杯
ここからまた新たな船出で御座います。

新しいブドウ酒は新しい皮袋に
傷ついたなら傷を治すより新しい心持ちに

これは気付きではない結びつきです
凄く素敵に結びついてホクホクしておりました
( ´艸`)

今日もお付き合い下さいまして
ありがとう御座いました。良い週末をお祈り致します
m(__)m