2019年06月08日

目に映る一灯

過去から贈られてくる贈り物は無数にあります。
英知。食物。etc
時間を跨いで贈られてくる贈り物
その中でも人の命
これが最大の贈り物で、自分の命も過去の御先祖様の命
それが何千年前に遡ったとしてもその時生きてくれたから今日の自分が在る訳です。

そこで、何故歯を食いしばってでも生きて頂けたのかに想いを馳せます。
何時の時代も迫害や辱め
その様な負財は沢山抱えたでしょうに
それは、今自分が抱えた物よりも多くを抱えたかもしれません。
大きいかもしれない、小さいかもしれない、
しかしこれは重要ではありません。
人には各々精神力の差異があるので計れないからですね。

重要な事は
その負財に立ち向かう時に必要だったものが必ず在ったという事です。
これが、信仰であったり、人であったり、愛であったり、願望であったり。希望であったり。
単で成してる場合もありますし複で成している場合も御座います。
これも複雑に紡ぎ合いますから、一様を取る事は出来ないと思っています。
ホントにありがとうございます。

今在る全てに感謝を馳せる前提の元

次に
未来からの贈り物は何か考えます。
もう、随分考えましたけど、私の結論は希望。
これしかないと思っています。
希望とは完全に複合体を成さなければ成らないとも確信しています。

それは何故かと申し上げますと

全ての人の自由を統括しなければ希望とは成らないからです。
言い換えれば、自分の願望のみ成就して、他の方の願望が成就しないという事は
必ず落胆や闇が生まれ閉ざされて行くからです。
これは自分が授かった子供達との交わりから教えて頂いた事で御座います。

例えば希望の光の中にある自由
私は信仰を持っていますが、これのみを真理と置く事は自由には繋がりません。
希望の光の中から届いてくる愛にも至れません。

確かに私は信仰が願望になり苦しみましたが
それは他の方も同じ事ですので双方が成り立つ場所が存在出来る事が希望の大前提です。

願望を愛することは容易ですが
同時に希望や自由を愛さなければそれは片翼のまま狭い場所で何時までも旋回を続ける事になり前に進めません。

私の持つ信仰を例え虫唾が走る程嫌いであっても
希望故に、その方が私を嫌う自由を愛する事は出来るという事で御座います。

好きになる自由、嫌いになる自由
好きを愛するのではなくて、嫌いを愛するのでもなくて
自由を愛することが希望だと私は信じます。

希望も無く自由も見えない
嫌いなのに無理やり結婚させられる様な事は決してあってはなりません。
これは意味の無いただの我慢ですから不要です。

また、希望とは
皆様が各々の願望を持って進んで行く場所の事ですから
自分の願望を光として刺して導いていく場所ではありません。
向かい進んでいる道すがらに人の願望は導けないという事です。

もし導けるとしたら
それは願望が願望を導いているだけで希望ではないと思っています。
願望が願望をすり替え導くなら希望へとは到れない。
むしろ、それはもう支配です。

これは、おおいに自分にも言えます。

盲人が盲人の手引きをすれば二人共穴に落ちてしまうという聖書の言葉通りですし
あなたの眼の中の塵を取らせて下さいと言いながら、自分の眼の中の梁に気付いていない。
この言葉通りだと思います。

また

神様の御霊が人に降る前(聖霊降誕)の前だからある意味仕方がないのですが
人を癒し続け、人を励まし続け、誰よりも貧しい人・弱い人を選び、共にしたキリストが裏切られ、殺められた時

(ここで感じて頂きたいのは、皆様が愛している家族や仲間。全員が自分を裏切ったという事と同じ。)

信じられないかもしれませんがそれは聖霊降誕後の皆様。
魂を持っている皆様だからです。

その様な絶望の中に在りながら・・・
救いは完了したと発した言葉も
罪を犯し隣で同じく処刑された方に
あなたは今、私と共にパラダイスにいると発した言葉も

これが大きく私の内に宿り、私の魂を突き動かしています。

十字架刑とは長時間に渡る激痛の末の最後は窒息死。
最も凄惨な処刑方法の中にありながら発した言葉は私を貫きます。

自分が易い時に良い言葉を発する事は誰でも出来るからです。
逆もまた然り。

現実社会に於きましては
凄惨により道半ばで倒れた方々も
この言葉在る限り、御自分が持つ願望が必ず先に整えられている
必ず希望に包まれた願望はありますから
必ずそこに行けますからと。

その様な私の願望の灯と共に希望の灯は消える事はありません。
今は誰であっても神様の御霊は宿りますから
皆様が持つあらゆる灯が消えてしまっては希望にはなりません。

灯の比べ合いより色々集った灯の方が明るくていい。
希望の灯は必ず消えた願望の灯も灯し切ると信じます。

最後となりますが
私はキリスト教を信じて欲しいとは1mmも想っていません。
実際に私は今の定義ではキリスト者とは言えません。

そうではなくて
私も含めて、希望の灯の集合体の中に御自分の手に持つ願望の松明
これを灯して闇を照らし歩んで頂けたらいいな。

未だにここは暗い
ですから、見る人の目に遺らなくても
目に映る一灯を遺しましょうよ。

そんな想いだけ。
ただそれだけで御座います。

(@^^)/~~~今日もありがとう御座いました。
あらゆるお勤めお疲れサマー☀