2019年05月07日

ひとしずく

石化して氷の様に固い心
でも温かさは等しく加わっている

溶けてはいるが
氷の刃、切りたくなっても
溶け切りたくない
少しでも溶けたから
そこだけ鋭利

それでも誰も切り捨てられず
刃溶けると水と成す
少し広がるそんな感じ

そんな感じはやがて軽くなり
舞い上がる

そこで見た物、聞いた物、強い風
悔しさもあるでしょう
憎しみも混じるでしょう

そんな時は
泣く
おおいに泣き崩れ

恨むより、憎むより
時には
泣いた方がいいと思うから

その雨は
行く先々の場所をきっと新緑に変えてくれると思うから

—————————————————-

泣く事も少しは今の場所に
潤いを捲く事になるんじゃないのかな
そんな風に想います
実はめちゃくちゃ強く想ってます。(笑)

———————————–

それから
哀しみもこんにちは
流れが出来て
塩味もあって
誰でも浮かべて
色んな活気の満ちる場所に似る
私が少し泣いたら
隣で号泣する神様に似て

現場で昼寝してましたら昨日の雨でひとしずくがポタリと降ってきまして
そこからそんな事を考える一日となりました。

落とせるなら
流せるなら
一滴でもええんやねって。

ひとしずく。。。
たとえ困難でありましても
意識して参りたいと思います

生きる術と活きる術
どちらも面白いなぁ

\(^o^)/

(@^^)/~~~今日もありがとう御座いました