2019年05月05日

私道・公道・中道なる道

私道・公道・中道なる道がある
それぞれに用意された道がある

その道を使い描ける物は無限であり
誰でも
描き直せるし
描き足せる

道先はペン先に似て
描く為の物

道に拘る事無く
道を包み込んでいるその場所に
何を描くかに
楽しみを覚えておるのです

(@^^)/~~~こんにちは

上記の様な感じのデカい場所に僕は信仰・希望・愛を描こうと思ってます。
どれも道の様な気がして歩んで参りましたが
ちょっとそれは違うなと感じましたから整理して現してみました。

例えば私道
我が道、我が人生、双璧の視野の中
これを歩む事こそ・・
うん。それもいいです。
自分とは真逆でも在る理由はもっと先に在ると思うからです

例えば公道
私道を指して、お前の道は道やない!!自分だけの道や!
うん。そうですね
でも、私道と公道はその役割が違うし
ちゃんと繋がってると僕は信じます。

例えば中道
どちらも大切な道
この様な歩み方が合う方は沢山居ますよね。

その様な訳で御座いまして

冒頭の詩から

道先で何を描いていくかに注視しております
道よりも道先のペンで何を描いていくのかに

年数を掛けて描く物もあるでしょうし
落書きしたくなる時もあるでしょう
消したくなる時もあるでしょうし
消せる場所でも御座います

その場所は寄せ書きの体を成す様な愛の在る場所
その場所は誰の物でもありませんから
取って食し、掲げる誘惑など出来る訳ありません。
(^^;)

道には拘らないけど、行く道を大切にしないという事ではなくて
描くペンが無くなるから道は必要で大切だと思います。

行く道の
先から伸びる
げんこつ雲

クソ暑い季節がやって参りましたのです!!
\(^o^)/