2019年04月21日

折角出来た余白

今日は暖かい日曜日でした。

幾つか屋根の点検にお伺いしておりました。(^^;)

 

桜並木に通りかかりますと

桜の花が語り掛けてきます。

(また、来年くるよ)

約束のある別れなら、幾らでも受け止められます。

むしろ、余白が生まれてちっとも寂しくもなく。。

そんな事を感じておりました。

捨てたり、広げたりしながらも

また来年お会い出来る事を楽しみにしております。

m(__)m

 

と、

突然、保育園に居た時の紙粘土細工が思考上に浮かび上がりました

同じ材料、同じ場所

だけれど出来る物は皆違う。

活き活きと作る子もいれば

ダラダラ・イヤイヤ作る子も居たでしょう。

それでいい。

そのままでいい。

何度でも機会は巡って来てくれるからです。

機会が生んでくれる物

これもまた、余白。

 

折角出来た余白には大切な事をしまって行きたいと思います。

 

(@^^)/~~~今日もありがとう。