2019年04月02日

満天の場所がある

見上げた先に満天の場所があり
崩れ落ち見た先にも満天の場所がる
今の場所から先に

好きを超えた場所にも満天があり
嫌いを超えた先にも満天がある
今の場所から先に

やり切った歩の先にも満天があり
不遇に幕を閉じた歩の先にも満天がある
今見える場所のずっと先に

満天の場所がある

———————

(@^^)/~~~こんにちは

冒頭の詩ですが、僕はどの方向性にも満天が満ちていたらいいなと思ってます。

特に
不遇に幕を閉じた歩の先にも満天がある

これが僕が信仰心を捨てない理由の際たる所以で御座います。
捨てないといいますか、捨てれないが正確な表現で自分ではどうしようもないです。

何も無かった僕が最初に頂けた宝でしたので
宗教でも真理でも、もうどちらでもなんでもどの様に扱って頂いてもいいのです。。w

そこで僕なりに頑張って
かつては先輩方に追いつこうと必死になって原理原則に費やしておりましたが
段々と自分の場所が狭くなるのを実感しておりました。
まぁ・・そりゃそうです。
伝えるにしても、伝えたい方の今居る場所を認めない、受け入れないで
ガムシャラに頑張っても空回りするだけで御座います。

そこからこの様な気付きを頂きます。

(貴方は祈りの宮を強盗の巣にしている)

これはかつてキリストが怒り捲って暴れた事が描かれた言葉です。
僕はこの言葉は自分に向き合ってくれた言葉の様に扱っています。

頂いた言葉を僕なりの考え方で紐解きますと
そこで立ち留まっている私に怒りを露にされたのだと受け取っています。

祈りや救いを他の何かに変えようとしている私が居たからです(^^;)

キリストが突っ込みなら僕は何十年もボケ倒していたという事になります。
マジで焦ります💦

多分気持ち悪いでしょうけど
書いててちょっと笑ってます。。。w

また、

先の者が後になり
後の者が先になる。

この言葉も
そんな事があってはならない様にあの場所で怒り捲ってくれたのだと思っています。

これは上下とかじゃなくてね
不要な嫉妬や落胆が生まれない様にする為の言葉です

人の強さは皆違いますので
逆にそれでもいいよねと受け入れれたら
この言葉の上に立ち留まっていない証ともなります。(^^;)

時に怒りは愛を内包しています。
時に愛は哀も怒りも内包しています。
この様にも感じ取る事が出来ます。

そうして

好きを超えた場所にも満天があり
嫌いを超えた先にも満天がある
今の場所から先に

その場所を先に見据える事が僕にとりましては
何よりも先だったんだ
そんな風に思っています。

令和に元号が変わりましたね
またここから、
誰にありましても良き歩みとなります様に神様にお祈り致します。
m(__)m

(@^^)/~~~今日もありがとうございました。