2019年02月13日

敗者無き勝者の事で御座います

私の次女と私は良く似ている。
手相なんかはコピーで血液型も同じB型
負けん気が強くて、情に脆い。非常に脆い。
強制される事は例えお風呂の時間の事でも嫌う

何でこんなに似たのかなぁ。
受け継いだ遺伝子が似すぎてるので私とは合わない。w

最近は合わなさすぎてそれが周回を通し、その周期上をお互い楽しんでいるみたいだ。
これは同期していると思う。
そんな次女も成人を見据えた年代に入って来た。
あの恵から16年、17年も経ったんだね。

私に2人居る娘。あなた方に遺せる物は何かを考えない日は無い。
何を遺そうか
信仰か?希望か?愛か?

何れも言葉だけ取りあげれば曖昧な物かもしれない。
しかし、これらが生んだ産物は果てしなく大きい事を体現し遺したい。
対象の事ではなくてね。

信じ切るとどうなるのか。何が生まれるのか
希望を持つとどうなるのか。何が見えてくるのか。
愛があればどうなるのか。何に満たされていくのか。

ほんとにこの事をあなた方に遺すにはどうすればいいのか
考えない日はない。

もちろん表面上だけで見られる事が多く、宗教という括りの中で生まれる副産物を頂く事もある。
しかしながら、娘達には副産物が産物と同じ所から生まれる訳では無い。
これを遺しておきたい。
産物と副産物はべつの場所から生まれているという事を知って頂きたい。
そうでないと、産物を持って副産物を包めないからだ。

余りある恵の中で
人は必ず肉の時間は終わる。死に対する恐怖や不安は誰にでも存在する。
たとえそうであったとしても
それらと同時に私はあなた方にこんな願望も抱いている。

導きの後に生まれた
私の居た場所をあなた方に明け渡すという願望だ。

荒地から今日に至る迄、切り開いて来た場所。
恵と共に涙汗と共に開墾してきた場所。
いや、むしろ進み出でた場所

私の後、あなた方がこの場所を拡げていって欲しい。

あなた方の自由意思を妨げる事はしない。
何を信じても、何に希望を置いても、何を愛してもいい。
それが今でなくてもいい。

ただ、その産物を持って、この場所を何時か拡げて行って欲しいという願望はある。
何もしなければ、その拡がりを視る意志を持たなければ
その意思が意志に尊重され、収縮の動きを見せる場所だからだ。
自由意志とは時に孤独との対峙を余儀なくされる場所だからだ。

加えて、また万が一
私より先にあなた方が倒れる様な極大の試練を頂いたのなら

私もかつて彼から頂いた様に
私の滾る信仰を持って必ずあなた方を助けに行く
十字架の恵を持って必ずあなた方の所に馳せ参じる

たとえ耳元で値や資格、何をどう囁かれようとも関係ないんだよ。
協調あれど迎合は無き。
それが弱さを合わせ持つ私の救いでもあるからだよ。

でもね
おはよう💛
ここから。
大事なのは一日の始まり。
紡ぐ為の小さな穴通し。
何時もここらなんですよ。。。

闇にも死にも絶対に打ち勝って下さい。
敗者無き勝者の事で御座います。

一つだけ悔いが残ることがあります。
願わくば・・。
パパじゃなくて父ちゃんって呼ばれたかったです。・・・。w

(。´・ω・)?今年はチョコ作るのかな?チョコ美味しいね💛
って書いてたら。作り出してました。(笑)