2018年11月15日

幸福感でいこう!!

今から約2000年前の事です。

その当時は教えを守る人々が最も尊いという風潮がありました。

十の戒律を守る人々が先生と呼ばれ

それ以外の方々はその教えを拝聴し、実践する時代。

もし出来なければ、石を投げつけてでも非難された時代でした。

 

その時代にも言葉があり、言葉は何時も人々と共にしてはおりましたが

人々は言葉を人よりも重んじる様に成っていました。

 

言霊という言葉もある通り、やはり言葉には霊性が宿りとても強い力を持っています。

時にそれは、骨と間接の癒着を取り除く程の癒しにもなれば

時にそれは、骨と間接を分断してしまう程の呪いをもたらす事もしばしば御座います。

 

そこで

 

物見えぬ人

喋れない人

足の萎えた人

手の悪い人

 

これらの心内状況にあって

充分に言葉の力を用い入れない方々、自分で自分を贖い、救う事が出来ない方の為に

一人の方が遣わされました。

私は医者です。患っているなら私は直せます。

共に喜びましょう。

この方に多くの方が治され、癒されて行きますが

恵を頂いた人々は先生と呼ばれる方々に成ろうとはしませんでした。

 

さて、時代が変わってもその時代を支配する世界観は変遷して行きます。

今は、そうですね。自分らしく生きよう。行動しよう。挑戦しようかな。

その世界観に何ら問題がある訳ではありません。

 

ですが

何時の時代もそれが出来ない方。やりたくない方が一定数おられ

その時代背景に合わない自分は殻に入るか、

冷視するか、

冷笑するかを選択しがちとなります。

 

この様な方々と同じくして

僕がこれは未だ馴染めないと思う世界観も当然あります。

例えば、こんな世界観。

 

芸能人と一般人

カリスマと非カリスマ

大人と子供

価値がある または無い

 

この様な世界観に有難くも僕は縛られる事は無いですが

社会が持つ世界観や風潮は確かに存在しています。

社会が持つ風潮や世界観の成り立ちは

やはり声のデカい価値観の集合体が形成しています。

これは全く2000年前と同じと僕は感じており

昔にTVを絶った理由にもなります。

 

次に

自分の世界観を構築する為に

そこで活きるにはどうすれば良いかを熟考しました。

 

以前、僕はテーマパークは価値観を開放させると書きました。

価値観は違う。そうです。

でもそうじゃなくて、価値観のある場所が違うという捉え方です。

ですから、同じテーマパーク内に居てはいけないという事ではなくて

乗ってもいいし、乗らなくてもいいという捉え方です。

一生乗りたくないと思っても、

そこに在ってはいけないという理由にはならないという捉え方です。

 

行列の出来る新しい乗り物もあれば、閑散として人もまばらな乗り物もある。

ただそれだけで正解・不正解を問うてはいけない。

ましてや、全てが行列の出来る乗り物になっては多様な価値観の活き場所が減ります。

また

その乗り物が出来た背景には多くの涙や愛、時に悲哀が関与していて

いきなりそれが理由無く出没した訳ではないからです。

いとも簡単に自分が奇跡的に恵まれて、頂いた価値観を働かせて

好きや嫌いで捕えるべき物では無いという捉え方です。

~至上主義者にも悪徳業者にも必ずそう

膝を付いた瞬間があり、砂を握り締めた瞬間があるという事です。

ただ

誤解して欲しく無いことは

この様な捉え方はあくまで自分を解放させる事が目的ですから

人に好かれる事が目的ではありません。

僕にとっては好かれる事も

嫌われる事も

意識下で働かせるならば、それはもう充分立派な自分を縛る支配者だからです。

 

また、これらは同時に僕の好きな言葉で

自分を愛する者を愛した所でそれでどんな良い事になるのですか?

手垢まみれでずっと持っているこの言葉の投げ掛けにも続いています。

 

今、僕が本当に愛さなければ成らないと思う事は

人が持つ価値観ではなくて、それに乗った時の幸福感だと思っています。

価値観が幸福感を包んでいるのではなくて

幸福感が価値観を包んでいるという視え方を今の僕はしています。

 

これらは切実に人生と向き合って

発信し続ける方々に影響と恩恵を頂きながらも

やはり、あの方との出会いと

僕らの口癖でもあります、やっぱ兄ィやのぉ~に続いているんですね。

兄ィは素晴らしい幸福感の使い手です。(笑)

ええのぉ~、それもええのぉ~、美味いのぉ~、口当たりええのぉ~

(´Д`)ハァ…ええのぉ~

ばっかり言って、

 

(。´・ω・)? 挑戦ってなに?お祭りの事?。。価値観とか難しいのぉ~?

 

この様な

反則的な人生を歩んでおられます。

僕は彼のファンです。(笑)

 

のたうち廻り辿り着きつつも、またここで歩みを止める事無く

僕に用意された旅路をムキムキと歩みます。

未だ、その先に何があるのかを観てみたいと思っています。

 

今日もありがとうございました。(^^;)

出会いに感謝。永遠に感謝です。ありがとうね。

ほんとに。。m(__)m