2018年08月31日

オルゴールが最初

まだまだ、残暑が続きます。
皆様如何お過ごしでしょうか?

私はこの前に記した凹凸の事を考えてました。
凹凸って人の性格にも男女の造りの差にも表れてて感慨深い物があります。

単体で見ると甲乙つけ難いもので良し悪しも不要と私は考えていまして、凹凸の真骨頂はやっぱり噛み合って動く事と思っています。

ギヤの様に噛み合って回転し、何かを成す為の違いではないかと考えています。

時にその何かは、予想もしていなかった美しい時を奏でる時もあって
この贈り物は僕が貰っていいのかな。なんて戸惑う程の物もありました。

そうか。
うん。
そうなのか。
うん。

たったこれだけでお互いがゆっくりと満たされて行く時もあれば

私の拙き説明で嗚咽を漏らす方もおられて、吊られ私も嗚咽をもらしつつも
眼だけは、はっきりと必ず良い時を奏でると刻んだ事もあります。

凹と凹なら少し譲り合えば噛み合いますし
凸と凸でも同じ様に噛み合うと思います。

ですから、自分は何がしたいのかです。
愛するとは何が目的なのか、しょっちゅう考えています。

この様にして、私は、誰かれなく好まれる事は無いと思っています。
また、人がどの様に私を評価しようが気にしません。
それよりもっと、もっと、自分が成したい事が御座います。

(あ、でも何時も気に掛けて下さってありがとう御座います。
これは忘れてません。励みにもなっています。m(__)m)

幾度と無く記しましたけど、心と魂はその働きが違うと確信しているからです。
心のする事は許される対象で御座います。
自分自身も許されて来たからです。

また、凹凸が心の様ならばどうやって動くか考えます。
噛み合ってじっとしてても何一つ奏でる事が出来ません。

これを動かすのが魂の働きだと思っています。
凹も凸も包まれた魂の働きですね。

その魂の動きを見て愛が必ず力を添えてくれると私は信じます。
ちゃんと順番と時間軸がありますから、焦らないで、焦らされないで
心の働きに囚われない様にしたいと思っています。

因みに
奏でるといっても、好みもございますでしょうけど
僕は小さなオルゴールの音が最初の音だと思っています。
小さくポロン、ポロンと鳴っている。

ALL GOAL!

を言いたい訳ではありません。(^^;)