2018年08月14日

不良中年白書

必死こきまして、作った言葉を娘に贈り廻しております。
もう、殆ど押し付けです。(笑)
普段はスルーされるものの、初めて共感して頂きました!

もう有頂天です。有頂天ホテルカリフォルニアで御座います。!!
(^^;)

そういう訳で、僕も今日は自分が思春期だった頃に戻るべく
不良少女白書を聴き捲っておりました。

歌詞の中にある
百じゃなければ零ですか?
これですこれ。もうコレコレ。コレコレ先!

そんな訳ないよ。百は皆で目指そうね。
でも百ってなんだ?(笑)
たぶんこれが百かな?なんてね。
それを預けられたこの家庭で僕自身で必ず証し致します。
(`・ω・´)ゞ

それから
十代~の時と今と歌詞の受け取り方がちょっと違ってきてまして
楽しいですね。

特に
自分に正直に生きるなら
風に逆らって生きるのなら
居直る事が勇気だなんて
自分に甘えるのは
およし。

この歌詞の部分ですけど

十代~の僕は甘えてないやろがっ!!
誰が甘やかしてくれたんですか!!
どうなんですか!!
って怒ってましたが。

今は。。。。
スミマセン。甘えてました。
割とすんなり。(笑)
m(__)m

と、とりあえず
娘の居る思春期にバックトゥーザフューチャーで御座います。
これも未来の形かもしれませんので。

あ、でも一緒にグレたりはしませんけど。
一緒にハグれたりはいいかな。
ハグはもうムリかな。
なんてね。
(^^;)