2018年07月06日

早く雨止んで

本日も雨曜日。
ニュースに流れて来た執行の言葉にひと時、黙祷を捧げておりました。
あれから、随分日数が経ちました。
被害者には御冥福を再度祈り、加害者には黙祷を捧げます。
このまま。はい終わりじゃなくて
人知を超えた力で。ちゃんと双方が和解出来ます様に。
そうでなければ被害者も浮かばれませんし、加害者も被害者かもしれません。
仲裁してくれる方がきっといる。
私はこの様な希望を持ってます。

さて、今もあるこの様な集団は、
最初は、心が痛まない、傷つかない事や幸福感を拠り所としていると思います。
心の居場所がそこにある。大事な事です。本当に大切です。
それはそれで良い事だと私は思っています。

でも心は痛みます。傷んでなんぼの所もあります。
そこから、労りも慈しみも学べるとも思います。

言うのは簡単ですが、痛み過ぎた場合は別。
傷つけられすぎた、叩かれ過ぎた。
深手が魂にまで及んでいる。
この様な場合は誰でも~信者になる可能性はあります。
狂信者も盲信者もそうなった背景があります。
いきなりそんな事にはなりません。
また、配られたカードや試練の強度が人それぞれ違うだけです。
攻撃性の有無だけ取れば~信者は嫌われるでしょうけど
だれでも信じたい物はあるでしょう。
そんな背景なんかしりません!!
この様な方にも尊ぶべき背景があります。

その様な背景に隠れている物とは
今ある物に絶望した。
させられたかもしれません。
望みが絶たれた。
何も視えなくなる状態。
見返してやりたい。
負の感情の派生
深さも広さもマチマチで一様ではないでしょうけど
視ようとする心活きだけは出来るだけ失いたくありません。
ここにも1㎜の壁があります。ここで必殺風穴。

言い方は適切では無いかもしれませんが
これら心の根底に流れる負の感情を巧みに利用されている場合があります。

例えば、超解り易く御説明致しますと

彼氏に振られて落ち込む彼女を励ます。
でも、本心はそうじゃない。
本心は自分。
でも絶対にそうは悟らせない。

みたいな感じです。

結局、魂の快気の為には
どこの集団に属していてもそれは自由です。
1つだけ見分けて欲しい事があります。
こんな選択肢の幅があってもいいと思います。

それは、集団のトップが何を持っているのか?
見極めではなくて、見分けです。簡単です。
得る為の行いなのか。捨てる為の行いなのか。
これだけです。簡単。
得る為の行いなら奪われ、捨てる為の行いなら潤います。
なので、私は人間でこれは無理と思っています。
人間は有限だからです。

トップがですよ。廻りは知りません。
また別の思いが絡んでややこしいので。

これを極身近な家族に置き換えますと
家族の為に家長が一つの命を捨てる
それで、家族に複数の灯火が宿る。
零より1。1より複数の灯火を望んだ。
お金じゃなくて、魂の灯です。
こういうことだと思います。
家族愛は愛として働きます。
この様に家族と集団の違いは明白であります。

これを集団に求めてたんでしょうね。きっと。
眼に見える形として。。話した事ないけど。

そういう訳でして
人ばかりじゃなく偶には動物と暮らす一日もいいですよ。

(*´Д`)ホッとしますよ。

早く雨止んで。。。おねがい。。
切実に。。うごけないぃ。。。