2018年03月07日

雨漏り調査(京都市にて)

本日も京都市にて雨漏り調査に従事しておりました。何時も本当ありがとう御座います。
写真の黒丸からの雨漏りですが、谷瓦差し込みの出寸法が足りなかった事と
ちょうどこの箇所は凍て割れた瓦の破片及び

笹の葉の堆積によって谷板の雨水が微妙に野地に干渉していた2点が挙げられます。
漏水量から推測するに
もし、谷板その物に穴や裂傷が発生していた場合には
一晩の雨をバケツ一杯で受け取る事が出来ません。
丁度葺き土も僅かなアオカビを発生させている事から
この様な調査内容となります。

この度も私共に御信頼を置いて頂きまして
誠にありがとう御座いました!!

(^^)/