2017年12月29日

お正月を歌おう!

お正月を前にして歌を2つ作りました。

辛辣な
用事が詰まり
俯くも
頑と成らねば
付き物は去り

先日のクリスマス会で1人の職人さんの笑い話から作ってみました。
その職人さんは子供の頃、農家の手伝いをしていまして、今の様な耕作機器が無い中でしたから口には出しませんでしたけど、過酷を極めた日常だったと想像しております。
これが私がこの方に惚れてる所でもあります。
ある日の夕方、この方はタヌキに化かされたそうです。(笑)
それが、私も人生始って以来の耳を疑う様なお話でして、
いい湯だな、いい湯だなと浸かっている場所が
なんと!
当時の肥溜めだったんですって!
でね、
辛い日常の付き物からタヌキが化かして笑かしてくれたのかな?
ちょっとだけ解放してくれたのかな?
なんて考えてたら、こんな歌作ろうと思った次第です。
ですから、タヌキは付き物じゃなくて、付き物は自分の心だよね
というお話です。
しかし、メチャクチャ笑ったなぁ~。(笑)

頑という字
頑なとも読めるし
頑張るとも描けます。

頑なになるほどの外面への頑張りは要らないよね。
頑張って自分の内面をもっみもみホグシテいきたいね。
この字の使い方はそんな感じでいいかなと思いました。
来年はそうしよう。

もう一個の方はこちら

新鮮な
陽気が詰まる
美味い箱
頑張る母に
ついとつられて

え~と。。2つの歌共、
句の頭文字を縦読みしてくれましたら、
みんな幸せ。お正月!!
(^^)

今年もお付き合い下さってありがとう御座いました。
よいお年をお迎えくださいませ。

<(_ _)>