2017年11月19日

十二で一絵

十二単って呼ぶんだそうです。

十二で、単ってなんか美しいですね。今の時代は個の美しさが専らとなっておりますけど、十二で単もとても美しいですね。

 

着物でもなく、人でもなく、背景でもない

全ての調和が取れた時に本当の穏やかな美しさを創造出来るという起源でしょうか?

それとも、背景の美しさに人が調和する為には十二個の美しさを纏う必要があったという事でしょうか?

解る術はありませんが、私はその様に思いました。

十二で一絵。

個人的に十二は私の好きな完全数でもあります。

(^^)