2017年10月16日

オルゴールで屋根修理の現場環境を作る

今日は図画工作をしますよ。

親方君も副社長君も準備はいいですか?

 

準備おk~

 

おけつのおっけ~

 

 

先生が渡した塗り絵のプリントに点線が書いていますね。それは喜怒哀楽情認知愛を模した点です。これを線でなぞって繋いでみましょう。

 

なんで~?

 

だるい~

 

え~っとね情緒や感情を単独で機能させたらね、傲慢になったり暴走したり盲目になったり溺れさせたり色々な弊害が生まれるからです。ドレミファソラシドもず~っとドだけの音しか鳴らさなかったら耳が腐ってしまうでしょ。また楽しい時に関係の無い電話とか来るとイラってするでしょ。だから線でつないで和音にしてみましょう。

 

腐るのやだ~できた~

 

できた~たぶん。しんぶん。

 

はい。ありがとう。次は線でつないだ絵に塗り絵をしましょう。持ってきたサクラクーピークレパス24色で先生がさっき教えた8色以上でぬりましょう。

 

もう飽きてきた~

 

秋田犬~

 

 

やれ・・。

 

 

せ・先生出来ました!速攻出来ました!(`・ω・´)ゞ

 

親方君より先に出来ました!(`・ω・´)ゞ

 

 

はい。ありがとう。無理させちゃったね。親方君の絵は線が繋がって無い所もあるけど配色は綺麗ですね。副社長君の絵も線からはみ出て塗ってますけど綺麗です。次はそれを切り取って立体にしましょう。

 

立体!立体!立体!

 

なんで立体にするのですか!どうなんですか!

 

副社長君。良い質問ですね。絵は力強く個性に満ち溢れています。ですが人の心を視る時は面で見てはいけません。必ず人の心は立体で在って見えない部分が裏側に隠れています。無理に視ようとしなくても良いですが、見えない部分があるという認識は持っていなければなりません。自分とは出し方の角度がズレている人や真逆の人など無数にいます。先生はこれを馴染みだった居酒屋で嫌ほど学んできました。急に泣き出す方の琴線や炸裂する感情の出どころが何処にあるのか理解出来無い時が多々御座いました。カラオケの選曲なんかも、もう千差万別雨あられ状態で御座いました。

そういう事で、どんな人の心も立体で出来ていますのでその日の意識無意識を問わず影の部分が存在しています。もし人の心を面でしか捉えようとしない場合、傲慢に品評して自分が見たい様に見る事しか出来ません。人の心は今から1時間後にでも良い方向に動いて行く奇跡的可能性があるにも関わらず、その動きを止めたり、人の影だけを面で捉え自分の影を照らしてみたり、もう直った古傷を更に撫でたりする為に利用する危険性が高まります。

視えない部分もあるという認識は親方君や副社長君が面でしか見れない人を許したり、逆に自分が許されたりする救いにもなりますし、お互いの愛を深める切っ掛けにもなります。本当の傷が付く前に勝手に自分で自分を傷付けたり、呼び寄せたりしてましたら自他共々、互いの自由が壊死してしまいます。傷は治りますが一度壊死した自由は簡単には元の熱量を取り戻す事が出来ません。これは経験論です。大変なのは皆同じ、苦しいのは皆同じ、これを優しく伝え合い立体化して是非2人以上で戦う癖を付けて下さい。私も最期まで絶対諦めません。その人が明日もいる保証なんて何処にも無いからです。

 

ふ~ん。

 

何言ってるのか解らないけど、できますた。

 

二人ともお疲れ様でした。親方君は塔を作ったんだね。副社長君は犬小屋か。どちらもすばらしいです。ではここに喜怒哀楽情認知愛とドレミファソラシドの8音で出来たオルゴールがあります。このオルゴールはお二人が作った立体をクルクル廻すメロディーを奏でます。皆で聞きながらお茶にしましょう。

 

個々に持ち寄った造形物とオルゴールのメロディーを現場で奏でられましたら、自然の美しさを軽く凌駕して残ります。実際に私の心には残っています。まさに私達の店舗は施主さんを交えまして皆でこれを共有し、凌駕していく現場を一日でも多く創造していく物だと捉えています。

 

今週は長雨でちょっとアウ~っとなって困っています。

(^^)