2017年09月15日

雨漏りの応急処置や原因を見抜いていました。

皆様何時も有り難う御座います。<(_ _)>

この前の出先の海岸でみんなで記念写真を撮りました。(^^)

何時も支え合って下さりありがとう御座います。この方達は踏まれても雑草の様に立ち上がる方々です。私も見習わせて頂いております。ただ、態々踏まれる所に居なくてもいいのではないかと思う事もしばしば御座いますから、私が縁起の悪いド真ん中で御座います。御本人の掲載許可は頂いておりませんから、今回はちゃんと目隠しも致しました。

 

 😉 また、本日は瓦屋根の雨漏りの応急処置を朝一番でこなしまして。

 

 😉 釉薬瓦の屋根診断に赴きました。大阪南部の施工文化はとにかく葺き土を大量に使う事からその弊害が棟瓦に及ぶ事がしばしば御座います。棟瓦内部の葺き土の量が多いと乾燥時間が遅れて瓦を痛めてしまう原因と雨漏りの原因にも繋がってしまいます。写真の面土漆喰も排水量を逆に抑制しておりますので、御提案内容は棟瓦の積み直し工事となります。

 

😉 こちらは雀口から蝙蝠が侵入しておりました。僅かな隙間でも蝙蝠が侵入するには充分であります。雀は無理だった様です。

😉 こちらは矢切り・換気口からの雨漏りです。どの様な雨水の侵入経路かと言いますと・・。

😉 サイディングの重ね目や段上を雨水は横走りします。普通の雨ではこの部分は軒天がありますから問題はありませんが、壁面にも当たる様な暴風雨時にはサイディングの重ね目や段が仇になる場合が御座います。高台に位置している家屋や隣接物の無い家屋の壁面雨漏りは矢切り・換気口も疑ってみると良いかもしれません。

 

😀 本当に何時も沢山の御信頼をお寄せ下さりましてありがとう御座います。台風が近づいておりますが被害が少ない様に、今晩はお祈りしながら、休もうと思います。<(_ _)>