2017年08月27日

またしてもカッパの夢を見る 笑

皆様何時も有り難うございます。<(_ _)>

本日の昼間のお話なんですけど、カッパの夢を見ました。

それも物凄い小さなカッパで、手のひらサイズで御座います。

信じるも信じないも あなた 次第。笑

ハッキリ申し上げてめっちゃ可愛かったです。 笑

で、

それで終わりな訳ありません。

 

皆様、川の流れが2通りあるのはご存知でしょうか?

昔、家内に教えて頂いた事なんですけど、ちょっと補足しますね。

昔、家内が友達と橋の上で雑談していた時、

2人のカップルが喧嘩のもつれからか、2人共川に落ちてしまったんです。

それを見ていた家内の友達がすぐさま通報したのですけど

残念ながら、女性の方は助かりませんでした。

男性の方は高校生のカヤック部のオールに直ぐ引っかかったんですが女性の方は残念ながら、遺体で発見されました。

 

女性の遺体が発見された場所は?

落ちた場所から下流ではなく、川の上流でした。

川は、表面上は上流から下流に流れている様に見えますが、局所的には下流から上流に流れている場所もあるんです。

それで発見が遅れて死に至る場合もあるという事です。

 

見えている部分と見えない部分との格差は時に人を死に至らしめる事があるという事です。

これは全く、時代や人の心の流れ方と酷似しています。

上流から下流へと見えている部分だけ

また、

下流から上流へと見えていない部分だけ、

緩急の問題ではなく、片方だけの認知では、人の救助率は下がります。

カッパは全部しっています。

 

 

結局カッパになれば良いという事ですか?

 

人はカッパには成れませんね。そのかわり想像出来ます。

想像力が大事です。カッパだろうが何だろうが。どんな時代だろうがです。

私は、たかが時代の流れ如きで、誰も溺れてほしくないという事で御座います。