2017年08月22日

志の大小

皆様毎度ありがとうございます。<(_ _)>

(志)

志があれば

その大きさに

捕らわれず

人は計れど

我は計らず

※解説※

本日ご飯時に子供の悩み相談室のお兄さん役をやっておりました。まぁ~思春期も御座いますでしょうけどこの時期って大人になって行く準備とかで葛藤が色々出てきます。で、娘を想い上の様な短歌を作ってみました。

解説といいましてもそのまんまですが、志があればいいよという事です。

子供の頃は、少年よ大志を抱けと良く教えられましたけど、よくよく考察するとこれは危険ではないかと思った次第です。

先ず、第一に 志の大きさって誰が計れるのか?

第二に 大きさを測定する際に人との比較対象が必要になるのじゃないのか?

よってこんなのは非常に危険であると判断。

夢も志もあればいいけど、大小は要らんよ。

小さな事からコツコツも、実際、志が乗ってる場合はそれは小さな事なのかどうなのか?

同じ人生の時間を使ってるのに?なんで小さな事と判断してしまっていたのか。

ここも大小じゃなくて

僅かな時間でもコツコツならしっくりくるかな。

 

さ~だんだん唯の偏屈じじいに成って参りました。(笑)

 

いや、子供と真剣勝負してたら必死になるんですよ!!

パッチの必死なんですよ!!

 

自分の志の大きさは計らない事。これは直ぐ出来る。よって人様の志を計らない事も容易。

人様が私の志をどうするかは制御不能。どうする事も出来ない(笑)

 

そんな感じで本日も終わりで御座います。

それでは、お休みなさいませ。