2017年08月20日

やっぱりがんばりましょうよ!!

皆様、毎度ありがとうございます。<(_ _)>

本日は、やっぱり頑張りましょうよ!!のお話を自分なりに記事にしてみようかな。と思います。※何度か校正しましたけど解り難さはピカイチです。すみません。

予め先に書いておきますが、この記事には正解も不正解も善悪もありません。唯々事実であろうという今まで生きて来た実感として思うだけで御座います。

 

私が、私を含めてめっちゃ頑張って欲しいなと思っている人

 

人生の過程で問題が起きたり失敗した時、

それを

生まれた環境や親のせいにする人

それを

上司や部下や客や家族のせいにする人

何時も責任の比率は自分以外の何かの方が重いと思っている人。

それをストレスと勘違いしている人。免罪符を大量に持ち続けている人。

※免罪符とはお金で買える許しの事です。※

現代では個人の趣向によって様々な免罪符にその姿は変わっています。

ストレス解消に~しようと働く場合も御座います。

そりゃ、生きていたら、誰かのせいにしたい時もあります。

その様な感情が沸く時もあります。もちろん私にも当然、多々御座います。

私も含めて、めっちゃ頑張って欲しいと思っている人はこの様な自覚無き場合もある弱い方々です。

 

ここからが大事なんですけど、

事象の大小はありましても、この様な状態の人は根本的に人を思いやる心が僅かしか残っていません。それも自分の利得に関与する場合のみです。何時も何時も、免罪符を持ち出しては、自分を正当化する事に専念するのが精一杯で他を思いやる余裕が殆どありません。

私もずっとこの因果と戦っていますし、戦ってきました。これからも戦い続けます。

この様な状態の人達が傷ついて、見捨てられて、孤立して、孤独に陥った時

本来はもっと自分自身で自分の性質と向き合って、少しでも手に取って見つめて、少しずつでも自分が傷ついた、また傷つけた因果を改善しようとめちゃくちゃ頑張らねば、また同じことを繰り返して人生の時間だけが無駄に過ぎていく危険性があるのに、この様な弱い方々を捉えようと、最近あちこちで見拝見する、

 

あなたは 許されているよ

あなたは がんばらなくっていいんだよ

あなたは それでもあいされてるよ

 

この様な言葉の免罪符を求めがちになります。

これは私は、ちょっと違うんじゃないかと思っています。

傷ついた・傷つけてしまった今だからこそやり直すチャンス、めちゃくちゃがんばろうよ!!と思ってしまいます。

傷ついて、見捨てられて、孤立して、孤独になった結果は問題ではありません。原因の解明の方がもっと重要で御座います。原因の解明が出来れば、頑張れます。

次頑張って、傷ついて、見捨てられて、孤立して、孤独になろうと何とも思わなくなります。

私達には不器用でスマートでなくても自分なりに充分がんばった過程がちゃんと輝かしく残ってくれたからです。

最初はほんの一かけらでも頑張ったから残ったのです。

ほんとにこの一かけらが大事なんです。傷ついて、見捨てられて、孤立して、孤独になるニュアンスが以前とは全然別物になる程強められていきます。

 

あなたは 許されているよ

あなたは がんばらなくっていいんだよ

あなたは それでもあいされてるよ

 

因みにそれぞれのこの様な言葉

誰それの独自の言葉では無くて、聖書で説明するならば、そもそも何千年も前から既に存在している言葉です。他にも同様な書物が沢山存在していると思われます。

少し解り難い説明になるかもしれませんが、御容赦下さい。

例えば上記の言葉は、プロテスタント信仰では信仰告白、カトリック信仰では懺悔など、本来祈りを含んだ、神と人との縦関係にのみ働く言葉であって、1人の人間が簡単に上から落とせる言葉ではありません。

その業に従事する神父さんや牧師さんはそれを代行・代弁するだけの器であるからこそ使えるのであって、この言葉で救われた人たちの尊敬や栄光も信仰上では一個人では無く、神に帰す役目が牧師さんや神父さんや相談者さんに委ねられているんですね。

ですのでがんばらなくてもいいという言葉やその他の言葉の真意は、この場合明け渡しといいまして自分では無く、全ては御心のままにという信仰者が使う言葉で御座います。

心の底から人を想い過ぎ、その想いが強すぎる故、私が愛するだけでは不完全ですから、私を通して神様の愛を人に使わせて下さいと心から願って生きている、神様と人との信頼関係を強く信じる方々が使う言葉であります。(例えばマザー・テレサさんとか)

ここで更に解り難くなるかもしれませんが、一個人がこれは自分独自の能力である。自分に尊敬や敬意を示せと強要はせずとも心の何処かで持っていた場合、先ず何千年も維持継続する事は出来ませんし世界に広まりません。これは歴史的事実が証明しております。

それでも尚、多くの求道者や信仰者はつまずき、頂いた物を素直に返せなくなってしまうんです。何故そうなるのかは自分なりの理由と学びを持っておりますが、ここでは長すぎるので割愛致します。

ただ御理解頂きたい事は、言葉の学びや栄光・その他の敬意を自分の物としなかった方が沢山いたからこそ何千年もの間、人の心を打ち続け残って来た事実だけは認知して頂きたいと思います

その様な訳で、一個人が商用目的で振り回す言葉ではないと私は思っています。

日本人の聖書への精通率は約1%を切っておりますので目新しい独自の言葉と思ってしまうかもしれませんが違います。当たり前ですが私がもっと若い時から既に存在しておりました。

私が思うに、上記を全て無視した場合、人が使える言葉の限界は

あなたは ちょっとだけ 許されているよ
あなたは 少しだけ がんばらなくっていいんだよ
あなたは ちょっとだけ それでもあいされてるよ

この様に縮小されてしかりと考えておりますが、それでは商用利用は適いませんよね。だから商用利用する方は言い切った完全体を憶することなく用いていると私は考えております。そして矛盾してますけど(がんばらなくてもいいんだよ)を広める為にめっちゃ頑張っています。やっぱりがんばってるんですよ。

 

生まれもっての性質は変わり難いかもしれませんが、人はどの様にでも変われます。

自己正当化の免罪符や上記の言葉や(例えば貯蓄高や地位や名誉や肩書)を持ち出してまで、人との関係を一方的に踏みにじったり、それでもなお自分だけ心の息が出来れば良い生き方をこれからも選択したいのなら、私のこの記事は何の役にも立ちませんし、むしろ愛の無いやかましいドラに相違ありません。

でも、でも、ちょっとだけでも ん~~~ならば、

私も、もちろんですけど やっぱりがんばりましょうよ!!

頑張る姿や過程は、どの様な結果でも私は生きた美しさと余韻を残してくれると思います。

さて、

何故、屋根屋の私が何時も、何時も、屋根工事や雨漏り修理とほぼ関係の無いこの様な記事を書くのか?時に何も楽しくも無い、ほぼ、商売にはデメリットしかないこの様な記事を書くのか?

それは、私が20年以上戦って失ってしまった事もあったけど、私が失った経験もひょっとしたら誰かの役に立つかもしれないと思うからです。役に立つかどうかの結果には拘りません。

最後に

余談ですが、アーメンとは(確かに)という信仰者の神に対する決意表明を表す言葉でありますので、この言葉を持って殉教された伝道者の方々が過去何千年の間に沢山おられます。

※殉教とは伝道先で殺害されたという事です※

現代の様に開かれた文明社会が少なかった時代ですから宣教先で死に代えてでも伝える覚悟を持っていたという事です。想像を絶する覚悟と愛を持っていたという事です。

先の大戦にて、先人が死の間際にお母さん!や家族の名前や国名を叫ぶ時の言葉と重さは全く同じで御座います。

ですから、この言葉に敵意があろうとなかろうと、ふざけて用いる言葉では無いと私は思っています。

長々と書いてしまいましたが、人の選択の自由を侵す物ではありませんのでよろしくお願い致します。

私は頑張り続けます。もちろん休む時は休みます。

(^^)