2017年07月28日

セミ取りだよ。

安全な土の中にずっと居て、暗い、狭い、乾いた、湿った、手負ったなどど

我が子供達には、なんとしてでも渡したくない。

また、何処に行ったかも解らぬままの

抜け殻だけを当ても無く追わしたくもない。

何時の時代に於いても子供達が捕えたかった物は、

切に望んだ物は

幾万にも及ぶ羽ばたきと、幾万にも及ぶ試みにも

決して折れなかった羽の強さと

何者をも照り返す真の強さと

何者をも透き通す真の優しさで出来た自由の羽

これを捕らえる為に駆け巡ったのだから。

 

※解説※

え~本日屋根の上で作業していましたらですね、熊セミが私の太ももに止まりまして、こりゃいい写真が撮れるとスマホを持ち出しましたら、私を樹木と間違えていきなり吸いだしたのです。余りの痛さに驚愕したのですけど、隣で作業していたチッコイ方が、アブラゼミもそれするよ!とか、、。何の労りも無く笑っておられましたので、悔しくて物語を作ろうと思った次第です。

 

物語ちゃうやろ!!

 

物語やろ!!

 

 

(`・ω・´)ゞどっちでも宜しいのですが、皆様本日もあらゆるお勤めお疲れ様で御座いました。

明日も頑張りましょう~!!