2017年07月27日

軒樋のチョコット修理を致しました。

枚方市にて軒樋のチョコット修理を致しました。

赤丸の部分が熱膨張で剥離しております。剥離する理由は長尺の軒樋を全て繋いだ場合、軟質塩ビ樋が熱膨張した際の逃げ場が無いからで御座います。

この損傷の頻度は切妻屋根よりも軒樋を4方面ぐるりと巻いた寄棟屋根に多く見られます。

再度の熱膨張剥離や裂傷を起こさない様に升(集水器)に位置する軒樋の耳を切断しております。

写真の青丸の部分です。

これで再度の損傷は発生致しません。

 

🙂 何時も私共の考察・診断に御信頼をお寄せ頂きましてありがとうございます。

 

さて、

滝汗をカキカキ、帰宅致しますと、

ちょうど今子供達が夏休みですので、私達を迎えてくれます。

 

私が、(*>∀<*)ノただぃま★~っと発します。

子供達が、(〃・ω・ノ)ノ オカエリー♪♪~っと発します。

私が、(人”▽`)ありがとう☆~っと応えます。

 

なんだか最後の・・。

(人”▽`)ありがとう☆~が良いなぁ・・。コレ

口から勝手に出てきてビックリしましたけど、

一体感あるなぁ~と思ってしまったので、47の今から帰宅挨拶はこれで行こうと思いました。

これは宿そう。(笑)

 

(`・ω・´)ゞ それでは、本日もお越し頂きましてありがとう御座いました!!

(人”▽`)ありがとう☆