2017年07月22日

万華鏡

道なき道を先ずは自分が駆け抜けて例えそれが獣道でも未来を見るのが好きな人もいれば

二度と帰る事無き今日の燃焼を積み上げて紡ぐのが好きな人

過去に起こった悲劇が色褪せない様に今日も未来も生きて行く人

 

色んな方に出会って来た。

施主さんいれたらもう数え切れない程。

 

どれが、それがは、最早無くて

そこから生まれてくる

喜怒哀楽を

情で寄り添い、

受け入れ、認め

深く知る事によって

愛が包みだす。

これを整えたい。

もてなす事で、自分ももてなしてあげたい。

 

喜怒哀楽はお手の物。

情認知愛はまだまだです。というかまだ最近。

到れるかどうかも甚だ疑問ではあるけど、零ではない。

そもそも零ならここまでにも至れない。

 

濃淡や深さや広さを踏まえて喜怒哀楽情認知愛を組み合わせたら

数万色にも及んで八文字で末に広がって行く。

 

人が織りなす数万にも及ぶ彩りが見れたら、たぶんだけど

美しいがもっと鮮明に見えてくると思っている。

だが、障壁もある。

 

自由と不自由。これは善悪と同じでたぶん癒着している。

求め出したから、私はそう感じる事が出来た。

 

なので、私が出来る事は、癒着しているなら

不自由と悪にも

情で寄り添い

受け入れ、認め

深く知る事によって

愛が包みだす。

 

自由が織りなす解放をこの手にと望むなら

相当な戦が待っている。ひょっとしたら、死ぬまで終わらないかもしれない。

その為には

今あるココロを総動員せねばなるまい。※4つしかないし、更には武器じゃないけど・。(笑)

でも逃げたくない。現場は投げたくない。

 

青・赤・緑の透明な下敷を介してみれば自分の見たい色はずっと見れる。

それもいいけど

万華鏡でももっと綺麗に映し出せる。

人が織りなす数万色を下敷き無しでちゃんと見る事が出来れば、

おそらくは軽く万華鏡を凌駕していく美しさに出会う事が出来る。

 

 

 

親方~こんな事ばっか書いててお客さん来てくれるの?

 

来てくれないんじゃないかなぁ・・。(笑)

でも人は言葉も食べて生きてるんよ。

 

ふ~ん。

(※。。吐かれとるんちゃうのかなぁ・・。でもだまっとこ。(笑))