2017年07月05日

宿る

本日も大阪は雨模様で御座います。

今、これを書きながら少しモヤモヤが納まりません。

 

雨が重なってしまって上手く行かず、御訪問日が日曜日に成ってしまった事です。

日曜日に動く事は日常茶飯事ですので問題はありませんが、今、今日もまだ雨漏りを御辛抱されている姿を想うとモヤモヤが納まらないので御座います。

 

この感覚は、まるで手術室の赤ランプを何時間でも見ている心持ちと丁度同じでして

なんだろうなぁ、、。この感覚は11年前に受け入れざる得なかった事が

今でもずっと宿っているのです。

 

御施主さんと雨漏りが引き起こす苦痛を半分づつ。

(これは完璧です。なにせ受け入れるのみならずに宿っていますので。)

 

御施主さんと雨漏りが完治した喜びも半分づつ。

実はこれが大問題。

簡単な雨漏りになればなるほど、半分づつになっていないんです。

御施主さんが80で 私は20位かな。(自己分析)

 

原因はもう判明しておりますが

私がバカだからです。

慢心して御施主さんを尊重して扱わないで、自分の実績の横に御施主さんを置こうとしていたからです。

私の中だけのお話です。

※心の声(だから実績とか自尊心とか要らんねん。マジで、くそマジでイラン・イラクやで)

と、思いますけどそうでない人ももちろん、情認知愛であります。

 

何とも厚かましく、言い訳がましいのでありますが、

御施主さんと過ごした時間が例え数分、数時間単位でありましても

是非とも半分づつにしてみたい。

どんな簡単な雨漏りでも半分づつにしてみたい。

せめて御施主さんが20で私が80と逆にしてみたい。

 

以上の様に

今日も これこれ と考えておりました。

 

(`・ω・´)ゞほんで即、動く心。(頼むからちゃんと宿ってくれ~と祈りつつ)

※本日は、お友達のお店の25周年を祝う日でもあります。率直に祝杯を掲げようと思います。

率直に、、お互いよく潰れないで頑張ってきたねって。半分づつでね。(笑)