2016年05月01日

上手く休むには

KIMG1212

ゴールデンウィーク間只中ですね。
歳のせいか、現場作業をお休みしても中々体力が戻らない時も御座います。
若い時はもっと回復が早かったのに・・なんて。

そんな中70歳を越えた先輩職人の方と過去何度も現場作業をさせて頂いた時の経験から
ある一つの解を無理やり引っ張って結論付けしようと思いました。

私の若い時の回復の速さ
70年超えの先輩職人の耐性の強さ

これらの共通項は、
先輩には大変失礼なのですが・・。
両者共頭を使っていない!という結論に行き着きました 笑

ですので、海を見ても山を見ても 頭を使ってはリフレッシュ出来ないのです。
個人差はもちろんありますが、
私の場合は、雨漏りの診断をさせて頂いた時など特に、脳が糖分を欲するくらい精査致しますので
この頭の疲労をどうにかしなければならないと感じております。

何も考えないといいましても、性格や個人差がありすぎてやり方は各々見つけなければなりませんけど。

取りあえず、子供の頃見ていたドリフとか懐かしいCMをブラブラ何も考えずに閲覧し、
就寝しましたら、翌朝、結構体が軽く感じましたので
ちょっと昔を振り返るやり方が、私には効果的なんだろうなぁと思いました。

古い記憶を持っている脳の部分が、体に休んでもいいよと命令したのかもしれません。
また、歳を行くと新しい物に興味が行かないのは、脳が体を安める為に送る自衛手段なのかもしれませんね。
そうすると、がんこ親父も母も許容の範囲に収まってきます。

少々精度の欠ける内容では御座いますが、
皆様にありましては、リフレッシュ出来る休暇となります様に。