2015年09月13日

一見何の変哲もない屋根

KIMG0368

一見何の変哲もない陸棟
でも雨漏りしています。

捲ってみますと
KIMG0369

棟からの浸水跡が御座います。

KIMG0370

こちらの環境は向こう隣りの冠り瓦の持って行かれ方を見る限り
北からの風圧が強そうな立地
でも漏れているのは南側・・

水道が出来る過程は何時も考えさせられます。
可能性としては
①屋根自体、南側に少々傾斜が出来ている
②南側の内部土量が多過ぎる
③南側の熨斗勾配が緩い
④均等に漏れているが目視出来るのは現在南側のみ

等々が考えられますが、
障害物の全く無い屋根は風圧による雨の干渉を考慮して
再工事しなければなりません。

本日は丸一日お休みをいただいて久々にゆっくりとしておりました。