2015年09月02日

天気も雨漏りも安定しない

KIMG0208

最近は季節の変わり目なのでしょうかお天気が安定致しません。
現場作業が微妙ですので屋根診断をさせて頂いておりました。

谷銅板の穴

銅板谷のピンフォールによる雨漏り、これより小さいと目視不可能となります。
そんなに費用が掛からないので交換をお勧めさせて頂きました。

KIMG0247
50年経過の青緑釉薬瓦
葺き替えの必要性が無い旨、施主さん目視の中御説明させて頂きました。

肝心の雨漏り箇所
KIMG0244

水切り箇所の改変だけでは最近出来たお隣り壁面からの雨量を飲み切れ無い可能性が御座います。
ここを外すと台風には勝てません。一回や二回のお隣りの壁南面に当たる長時間の雨では水道が出来るまで葺き土ががんばりますので、直っていたと勘違いしがちになります。本当は壁面を作った方が配慮すべき事象ですが、職種が違うので先ず理解出来ません。この辺は逆も真なりで御座います。

 

 

 

という感じで私の中の教科書通りの雨漏り診断で締めくくった一日で御座いました。

毎回あんまり面白く無い記事で申し訳御座いません。  😆