2014年09月04日

現場で見る事。(ステンレスと銅の電蝕)

CA3I0639

思いっきり、電蝕かまされているのですが、どうなんでしょう?
ステンレスの手摺りと銅です。錆び方が可愛くありません。
写真上部にもエルボ噛んでおりますので落下水流は穏やか・・。

それはそうと、晒しと一文字や淀屋との接点にちょこっと新しい考察が生まれました。
今度確認致します。毎日勉強。死ぬまで勉強。
これが、楽しい。