2013年11月29日

屋根ショッピング②

CA3I0652

workman12 (1)

本日ご紹介する商品は、ずばり!軒折れです。

CA3I0679

軒折れ?

workman12 (1)

そうです副社長!軒折れです、細い垂木を使用して荷重の掛かる土葺きで仕上げた時に梁と垂木に固定した鉄釘が錆び膨張で垂木を徐々に蝕んで行き最後にポッキと折れてしまう現象ですね。折れないまでもこらえている場合は釘の頭がトンでいる可能性が高くなります。

CA3I0679そうなんですか!? 相変わらず何言ってるのか私にはとっさに理解出来ません。

workman12 (1)そこが私の様な悪徳業者の付け入る所となります。

CA3I0679

さすが社長、何言ってるのか解らなくしてご飯をかっさらうのですね(メモメモ・・)

CA3I0679

で、こういった場合は修理できるのでしょうか?

workman12 (1)

鼻掃除しながら直ります。ただし箇所によりましては死にかける事もしばしばあります。

CA3I0679

危険な仕事なんですね・・(まぁどうでもいいけど・・)

workman12 (1)あなたが何考えているのかすぐ解ります。危険ではあり多少手間が掛かる仕事となりますが、ここさえ押さえればまだまだ使える屋根は日本中あちこちにあります。

CA3I0679見積りはうまくいきましたか?

workman12 (1)はい!うまくいきました。樋工事また忘れています。まあサービス工事になるでしょう。

CA3I0679またかよ・・このおっさん・・

CA3I0679

workman12 (1)御電話(ほほどに)お待ちして~います~♪