11月23日皆様がこれだけ知っていたら先ず失敗しない雨漏り修理についての記事を現場の職人が綴っております。(⊹^◡^)ノ  

雨漏り修理・屋根修理を依頼する時の注意点

2013-10-11

雨漏り修理・屋根修理を依頼する時の注意点①

CA3I0150

こちらの屋根写真は先の台風18号にて雨漏りしたという施主様のお問い合わせから屋根診断させて頂きました20年前に葺き替え済の3寸2分勾配の土葺きの青緑瓦53版の屋根です。

漏水箇所は軒から約500(50㎝)に均等な漏れ跡を確認。半径約50㎝丁度鼻母屋から入っておりますので当初は瓦桟が無く棟からの漏水が鼻母屋近辺の土止め桟木に直撃した物と予想して屋根に登りました。

結果は当時としてはかなりの土量と土止め桟木も1000ピッチ位置で確認。

もし、棟からの漏水でしたら先ず軒先から500には届けない。ハイトン(下葺き材)を蹴破る釘でもっと上方にて漏水が発生しないと理屈に合いません。

それに葺き土を削る水流痕も無く平部地瓦からの漏水は立地環境と物件が平屋故に先ずありえません。当然適合勾配であり雨返しも施設した地瓦です。20年位の屋根が埃堆積に負ける訳は無く何の問題もありません。

ここで棟直下を考えましたが、やはり棟木天井廻りには微量の漏水跡も無く、直下とも言い難い。棟木とはいかないまでも次の母屋で必ず引っかかるはずなんですが、それも無し。面戸の出面も適正です。

結果・・・今回の雨漏りは雨漏りでは無いと診断させて頂きました。天井裏には入れない家屋でしたが100%雨漏りではありません。施主様、ご自身も雨が落ちたり床が濡れた形跡を目視確認出来ずに雨漏りと決めつけてお問い合わせ頂いた前提により確実に雨漏りでは無いと断言出来ました。

ここで大事な事は、雨漏りでないから大丈夫と御提案出来る施工店を見つける事です。ともすれば、雨漏りから多大な費用のそれも無駄な費用の負担が発生して施主様ご自身も元々漏れてもいないのに雨漏りが直ったと勘違いするケースが生まれ出るからです。

今回は晒し板金軒天あたりに動物の足跡(多分イタチ)が確認出来ましたのでこれらを駆除・排斥する工事をお勧めする事で解決致しました。

ご自宅の財産を守る為に漏れたかどうかしっかり目視確認してから業者さんに診断依頼するようにしてください。

 

CA3I0420

 

壁際からの雨漏りについても同様で御座います。

上の写真は雨漏りは引き起こしていない屋根の写真です。壁際の瓦の納め方になんの問題も無く、もし漏れる可能性があるとしましたらサッシ下端や出窓の不備、壁のクラックが原因となります。

 

中古住宅をご購入された方の場合、御入居されてからふと視線を上にすると雨染みを見つけあわてて修理業者を探す方もおられると思いますが、その前に半年~1年程様子を見て、本当に漏れているかどうか目視確認してから業者探しに移ったほうが良いでしょう。

 

壁面のクラック処理及び塗装・捨て谷の施工・サッシの不備等の改善工事を前オーナー様が既に施工していた場合雨漏りの染みは部屋天井に残っているものの既に直っている可能性があります。

必要でない工事をしない為にも是非ご留意下さいませ。

当店は漏れていない屋根は漏れていませんと断言し全ての方に安心して頂いております。

 

雨漏り修理費用(価格)についてお知りになりたい方はこちら→瓦屋根修理・雨漏り修理に必要な、適正費用と的確な診断

大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、で屋根瓦雨漏り修理でお困りの方は一度ご相談ください。
メールフォームからのお問い合わせはこちら↓
http://www.amamore.net/contact/(24時間受付中)お問い合わせに対するご返答は、必ず3日以内にしております。3日以上経っても返信がない場合はメール送信等トラブル他、お客様の迷惑メールボックスに返信が間違えてはいっている場合がございます。まずは迷惑メールボックスをご確認の上、誠に恐れ入りますが、月曜~金曜の8:00~17:00までに電話(06-6319ー5244)にご連絡くださいますようお願い申し上げます。 日祝日の休業日のお電話のお問い合わせは、お休みを頂戴しております。なにとぞご了承の程お願い申し上げます。

   トップページへ戻る↓
      http://www.amamore.net

伝統技法・銅樋制作・鮟鱇制作も承っております。

建築板金・手作り銅樋制作~取り付け迄

建築板金で使います手作りの銅製樋の制作~取り付け迄を倍速で動画にしてみました。(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

建築板金銅樋工事

建築板金銅樋工事を平成28年大阪府にて施工させていただきました。(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

建築板金・銅製隅飾り

建築板金・銅製隅飾りの動画です。(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

屋根漆喰工事 塗り方

H23年、大阪府摂津市にての屋根漆喰動画です(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

屋根漆喰工事の下地処理

漆喰の寿命を決める大変重要な作業です。H23年吹田市にて(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

当店使用の主要副資材

屋根修理・雨漏り修理で当店が主に使用しております副資材です。(⊹^◡^)ノ

日鉄住金ガルバニウム

塗膜10年保障の遮熱塗装

ステンレスパッキンビス

錆びによる膨張割れ無し

屋根雨漏り修理施工エリア

屋根工房きのしたの特徴

雨漏り修理記事検索

屋根の修理 雨漏り修理など屋根のメンテナンス、葺き替えをお考えのお客様 すべての工事に関して職長である私が手掛けさせていただきます。
大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山県で屋根工事修理をご検討中の方、一度ご相談下さい。必ずお力になります。
屋根工房きのした 職長 鈴木大輔 〒5640039 大阪府吹田市清和園町9-16
電話:06-6319-5244 直通携帯電話:090-6752ー2822 FAX:06-7503-2115 営業・受付時間 午前8時~午後5時まで(日・祝日休業)

大阪府はもとより、兵庫県・奈良県・和歌山県に対応いたします。

旭区・阿倍野区・ 生野区・北区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・中央区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西区・西成区・大阪市西淀川区・東住吉区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区・堺市北区・堺市堺区・堺市中区・ 堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区・池田市・茨木市・交野市・門真市・四條畷市・吹田市・摂津市・大東市・高槻市・豊中市・寝屋川市・東大阪市・枚方市・箕面市・守口市・八尾市・柏原市・羽曳野市・藤井寺市・松原市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市・高石市・泉大津市・和泉市・岸和田市・豊能郡 豊能町・豊能郡 能勢町・三島郡 島本町・南河内郡 太子町・南河内郡 河南町・泉北郡 忠岡町

Copyright © 2011-2017 雨漏り修理,瓦屋根修理補修店,大阪,兵庫,奈良,和歌山へ安心を. All Rights Reserved.