2013年08月11日

本日の屋根修理診断

1376217916knMza60S8laZots1376217915[1]本日はお盆前の日曜日です。屋根修理診断などさせて頂きました。ありがとうございました。

一件目の急所は、ルーフバルコニーのアングル軒樋の清掃と瓦軒樋の正常な勾配を取る事でオーバーフローは解消、ついでに適正棟漆喰工事で問題無しです。ルーフバルコニーの勾配修正も必要ですね。

 

二軒目はセキスイプレハブのゴムパッキン劣化からの雨漏り。南面より早く北面に圧迫割れが発生しておりました。南壁面熱膨張が北面を圧迫したと思われます。ゴムパッキン撤去後腐食がひどければ、短冊加工してほりこんだ後、バックアップかましてウレタン二面接着で熱膨張の暴れに備えます。至って簡単な工事です。

三軒目は・・スミマセン垂木・野地まで持って行かれております。もとより寸3の垂木では土葺きに耐え切る事適わず、長年に渡ります雨漏りで修理が非常に困難故、こちらは葺き替えの御提案です。・・不本意ではありますがあくまで施主さんの今後の予定また、費用対効果を熟慮した故での決断・御提案と相成ります。

四軒目はプチ新築工事の方流れ屋根の新設、開口部を多く取るにはそれなりの材木の使用が必要不可欠であり、床面からの返り雨また通し柱自身に水切りを施設して自然現象に対応する考察後、既存瓦使用の普通の屋根葺きの御提案となります。

本日は以上で御座います。

CA3I0531

 

 

 

本日も頭全開・経験則全開で御対応させて頂きました。

何としてでも最善を御提案したく、左記写真の様に頭を使いまくる日常であります。