2013年07月06日

ガシガシ削り考える土曜日

1373100991iTexvD0AB3zjZno1373100991[1]本日より漆喰工事をさせて頂いております。

いつも通り重ね塗りの漆喰を全撤去して、面土調整などしております。

この屋根の急所は上記以外にも、紐丸の葺き土の多さを所以とする熨斗瓦凍て割れ(北面)など前メンテナンスにて無視されている箇所にメスが入ります。

適量にて風化を避けている葺き土もある事から盛り手は2人、筋を通して盛った棟の方は盛り手でなく葺き師の方だと最早誰も答える事すらままならない考察など勝手にしておりました。(職人どうし現場でぶつかる事もあります。)まあ結果は出ておりますので、丸との剥離後、吸い上げと凍てと雨漏りを呼ぶ可能性のある方には黙って頂きました。(はっきり言って屁のツッパリの役目すら果たしていません。)

面戸漆喰もさることながら、屋根の急所を押さえつつ来週も頑張ります。

瓦屋根診断は何故左袖の土量が少ないのかまた多いのか即答できる人に頼むと安心かもしれません。

保障は出来ませんけど。(笑)