2013年06月27日

強者達に夢見せる

1372325845iVhJQDGb8MMojlv1372325844[1] 本日も朝から大忙し、お待ち頂いておりましたチョコット修理の後大爆走で御座います。

←の本日診断させて頂いた屋根は、すべてその立地や環境に打ち勝ってきた強者達で御座います。

等級云々を考慮し差し引いてでも一番信頼に値する建材です。

恐らく私と生死を共にする位は頑張ってくれるはず。故この建材の信頼度が私の診断の全てを司ります。

私の日常は、私がこの建材に機嫌よく屋根に乗っかり続けて貰う為になんだかんだと、自然現象の道筋を読み、手を加えているだけで御座います。

自然現象を読みニヤニヤする人より、そうでない人が沢山いますので、自然現象を読む人に最終的に施主の憂いが到達するという構図です。どちらもワガママで自分勝手な理念の元大きく口を開いております。(どちらも高純度の正義はありません。何故なら自我を起点としているからです。)自我とは自分の利益を最優先します。ここでいう利益とはお金だけではありません。他人と差別化する高揚感は麻薬そのものであります。後は御施主さんの判断次第です。

私が出来る事は、膨大な事象の中から現場現場によって出す薬を変えて、茶の間から笑いが戻ればそれだけで良いと思う人間です。

風邪引いている屋根に、抗ガン剤は出しません。

軽量屋根に葺き替える前に小屋組みの強化が先です。(家屋によります。)

その後、オレンジ色飽きたから、燻にしたいとか・・笑いながらリフォームを楽しめれば茶の間も賑わうという物です。(その間は一滴でも漏らしません。)

ん~やっぱり偽善っぽいな。うまく言えないけどまあいいや (笑)

とりあえず、懐かしソングでも聞いて休もうと思います。
歌詞は何時もの様に変えております。

はるかな夕日 それは
悲しい工事 つらぬいた
技のシルエット

忘れたはずの 漏水
しあわせすぎた あの屋根が
予算にじませる

ブロンズの風の中 見つけたアマモリー
悩みなき遠い日の 私になって
あの店の胸の中 駆けて行きたい
新築のまま~

ブロンズの風の中 嫌われアマモリー
しあわせを手離した 施主は迷い子
なにげなく 葺き替えたうしろの屋根が
ただ一度だけの嘘と気づいた あの日

直しつかれて Faraway
うつむく心 いやすのは
今も 御施主だけ
離れ離れの 面土が
きっとこの屋根 強くする
ひとり 信じてる

ブロンズの風の中 見つけたアマモリー
悩みなき遠い日の 私になって
あの店の胸の中 駆けて行きたい
あの日のまま

ブロンズの風の中 嫌われアマモリー
しあわせを手離した 施主は迷い子
なにげなく うなずいた無駄な工事が
ただ一度だけの嘘と気づいたあの日
嘘と気づいたあの日