2013年06月14日

I’m proud

タイトル通りの、屋根屋としてのプライドを綴ります。
適当に歌詞等御読み下さいませ。

Lonely くじけそうな屋根を、瞳映して
打算なく登った 施主知れずため息つく
I’m proud 壊れそうで崩れそな棟だけを
つなぎとめる何かいつも捜し続けてた
どうして あんな工事が・・素直に見れなくなってた
大阪で居る場所なんてどこにもない
体中から人情こぼれていた

合い見積をすりぬける 大手が誘いの手を引く
軽量が増えていく 逃げて通れなくなってた
低予算だって 直せること誇れる誰かに
会えなさそうで 会えそな気がしてたから葺いてた…

I’m proud 届きそうでつかめない 名人の様に
辛く切ない事 夜中思い浮かべてた
ひとつふたつ消えてく家の雨漏り数えていた
昼休み日陰場所なんてどこにもない
体中から汗がこぼれていた

最善を尽しても理解りあえない監督もいた
めちゃくちゃを言ったって 現場の職人への優しさを
持っている施主 持っている私をあげたい
忘れないでね 暇になっても私は負けない

Lonely 壊れそうで崩れそな地瓦を
つなぎとめる何か いつも捜し続けてた
I’m proud いつからか屋根屋を誇れる様に
なってきたのはきっと あなたを失った夜から

契約にならなくても、想いが時には伝わらなくても
技術も考察も全てみんな
かならず施主に知ってもらうの… I’m proud