2013年05月24日

屋根屋さんの歌(二本立て)

屋根屋さんの歌を綴ります。完成度はともかく、異論は認めません(笑)後半は再掲載です。


あれは誰だ 誰だ 誰だ
あれは屋根屋
ルーフマン ルーフマン
不渡り手形 手に受けて
子供の寝顔 眺めた男
2月仕事は 超極寒
梅雨明け仕事は 地獄なり
古いウインチは 空をとび
8月ビームは 熱射病
ガキの頃から 屋根登る
そこそこ正義の
ルーフマン  ルーフマン

はじめて知った施主の涙
その悔しさに めざめた男!!!
棟積みチョークは パンチ力
捲り撤去は 破壊力
相見積勝負は 診断力
漏れの水流 岩くだく
悪魔の力 利用する
ソコソコ正義の
ルーフマン ルーフマン

あれは誰だ 誰だ 誰だ
あれは屋根屋
ルーフマン ルーフマン
親ガメ子ガメ 異を唱え
銭金追わず たたかう屋根屋
2月仕事は 超極寒
梅雨明け仕事は 地獄なり
古いウインチは 空をとび
8月ビームは 熱射病
全ての季節 こらえ切る
そこそこ正義の
ルーフマン ルーフマン

誰も知らない 知ってくれてもいい
夫婦屋根屋が何故なのか
何も言えない 話しちゃいけない
夫婦屋根屋の心意気

人の世に愛がある 人の世に屋根がある
その施主の心 守りたいだけ
今日もどこかで屋根修理
今日もどこかで漏れ修理

誰も知らない 聞いてもくれない
夫婦屋根屋のなれそめを
何も言えない 話しちゃいけない
夫婦屋根屋の信念を

もうこれで漏れは無い 履き替えた足袋数だけ
この屋根の急所 知った今では
あすもどこかで屋根修理
あすもどこかで漏れ修理

人の世に愛がある 人の世に屋根がある
この弱ってる屋根を 守りたいだけ
今日もどこかで屋根修理
今日もどこかで漏れ修理