‘雨漏り診断記事’

雨漏り調査(堺市西区にお伺い致しました)

2018-02-11

本日の日曜日は午前中だけ、堺市西区の雨漏り調査にお伺いしておりました。施主様によってはどうしても日曜日でないと時間が取れない方もいらっしゃいますので私の所は工事は出来るだけ避けて雨漏り調査にはお伺いしております。
(^^;)

平部地瓦が少しずれています。この原因は下葺き材(ルーフィング)と葺き土との密着が低く尚且つ土をズレない様にする為の土止め桟木の嵩が低い事と間隔が広い事が関係しています。
明らかに地瓦平部がズレて剥離しておりますので、先ずここから雨水は侵入しております。

こちらの写真は平部地瓦の内部構造の写真です。
平部地瓦のズレによる雨漏りも今回の要因に一つですが、写真の埃堆積と水返しの低さから、長時間雨が降った場合に逆流してくる雨がそのまま葺き土に干渉してくる箇所があります。
これが分化している雨漏りの原因でして、表層をシリコンで緊結してズレない様にしても雨漏りが止まらない要因の一つで御座います。

また、今回は棟続きの家屋である為、お隣りの雨漏りが御依頼下さった家屋に関与する場合もありますけど、調査の結果その可能性は無いと判断致しました。

補修範囲は白線で囲っています通り、棟瓦を一度外して積み直す工事と合わせまして、平部地瓦に堆積した埃を撤去しながら瓦一枚一枚の勾配に配慮して必要とあれば人工的に水返しを施設する工事の御提案となります。
(^^;)

この度は私共に御信頼をお寄せ頂きまして、誠にありがとう御座いました!!

<(_ _)>

吹田市にて屋根修理調査にお伺い致しました

2018-02-11


私は現場で作業する職人でもありますので、当日の作業が終わりましたら何時も雨漏り調査や屋根修理調査にお伺いしております。土曜日のお約束した時間は雨天でしたが、安全と判断した場合は雨天でも屋根に上る事はあります。

今回調査致しました吹田市の瓦屋根は切妻屋根といいます。
屋根形状は最もシンプルな形で御座います。
平部地瓦は土量も多く安定しており、45年経過した現在でも差し当たっての補修が必要な箇所はありません。

唯、棟瓦は高位置で立面を形成する事から、長年の風雨の影響をもろに受けてしまう為に平部地瓦との損傷具合が変わってしまいます。

写真の面土漆喰の剥離は表面の返り雨の影響だけでなく、暴風雨時に棟瓦内部に侵入する雨を上手く排出出来ずに内部からの浸食を受けている箇所が数か所御座いました。

今回は、表層のシリコンによる緊結は更なる排水量低下を意味し、また防水性の高い漆喰の塗布は、元々足りていない棟瓦の排水量、内部まで雨水が干渉している雨水の排出口を塞いでしまう事を意味しますので
(※それはお金を掛けて雨漏りする屋根に成るという事で御座います※)
因みに前例は数え切れない位御座います。(^^;)

一度この棟瓦を外して再度一から積み直す工事の御提案をさせて頂きました。

この度は私共に御信頼をお寄せ頂きまして
誠にありがとう御座いました。

<(_ _)>

折半屋根雨漏りの調査(大阪府・高槻市にて)

2018-02-01

大阪府高槻市にて折板屋根の雨漏り調査にお伺い致しました。
折半屋根とは簡単にご説明致しますと、金属で出来た山型の屋根の事です。
主に勾配の緩い鉄骨作りの建築に用いられております。

以下は現状の写真です。

施主様のご要望は、こちらの物件の采配が宙に浮いている状態である事から、
出来るだけ費用を抑えて雨漏りを止めて欲しいという事ですので急所となります

①ボルト廻りのシール切れの再処理と
②ビス廻りのシーリング
③笠木結合部のシーリング
④御自宅の瓦ズレはその部分だけ

この様な御提案をさせて頂く事となりました。
此度は私共に御信頼をお寄せ下さいまして、誠にありがとう御座いました。

(^^)

屋根修理調査(大阪市天王寺区)にて

2018-01-22

大阪市天王寺区にて、写真の様な瓦屋根のケラバと言います部分の修理調査にお伺いさせて頂きました。

燐家との切り離しの際に出来た端部の納まりですが、経年による劣化もありましてこの屋根の一列を捲り、軒天の補修や板金工事の引き直しを御提案させて頂きました。

少し、風で上げられている箇所も見受けられますので、施工の際はその点に留意して仕上げさせて頂こうと思います。

(^^)

 

 

尼崎市での雨漏り

2017-12-20

尼崎市にて雨漏りの調査にお伺い致しました。
雨漏りしている箇所は、二階の天井。丁度瓦屋根の棟瓦の辺りです。

一次メンテナンスでシリコンの塗布と古い漆喰を取らずにそのまま上から塗布した結果、棟瓦の排水量が落ち、更に面土漆喰の防水性能が高い為、雨水が排水出来なくなった事が原因です。
雨水の停滞量が高い所は地瓦が凍ててしまって、割れております。

 

また、写真のAとBの部分。棟の中に納まる地瓦が一枚と一列足りていません。

 
今回ご提案する内容は棟瓦を一度外して、もう一度積み直す工事です。
使用可能な瓦は全て再利用し、無理と判断した瓦は交換。
凍て割れた瓦の交換。
平部地瓦の谷芯(水流の派生する急所)のコーキングの撤去。
以上の様な内容となります。

此度は私共に御信頼をお寄せ頂きまして、誠にありがとう御座いました。

<(_ _)>

吹田市での外壁面雨漏りの調査です。

2017-12-17

吹田市にて雨漏りの調査にお伺い致しました。お問合せ頂きまして誠にありがとう御座います。 🙂

漏水箇所は1階和室の窓枠に発生しておりました。
以下は原因の説明で御座います。


写真は外壁面のクラック(ひび割れ)の写真です。
さほど大きなクラックではありませんが、この壁面の高さは6m程あり、その高さ故、横振りの雨や長雨を長時間受け続けますとそれなりの入水量を発生させてしまします。  😉


此方の写真は和室窓枠の直上に施設している鋼板の庇です。
壁面から大量の雨がこの庇に流れてきますと、庇接合部の縦ハゼから雨水が侵入してしまう事があります。特に目視は出来ませんが内部に施設している吊り子という部材が雨水を吸い上げたり、また堰となって庇の内部に雨水を招いてしまいます。
ですので、隣接する壁面の高さに応じてシーリング処理をしなければならない箇所で御座います。 😉


また、写真の様に庇鋼板の端部、ここは無駄折りという一度鋼板をまげて強度を上げているため内部は空洞になっています。この空洞部の中を雨水が横走りして壁面の中、構造材木に雨水が接触している可能性がありますので壁面際で無駄折り部に挟みを入れておけばそれ以上の雨水の侵入はありません。
青線を引いている所が雨水の経路で御座います。 😉

以上となります。

此度は私共に雨漏りの診断を御依頼頂きまして、誠にありがとう御座いました。

<(_ _)>

記事を書きだして7年目に突入しました。

2017-12-11

このホームページのブログコーナーを書いてきて7年目に突入致しました。これも様々な方が情報発信して下さって、私のモチベーションになったり、助けてもらったり、感動させて頂いたり、多くの恵を頂いてきたからだと思っています。

本日、久々に6年位前に見付けて、私と志が似ていて尊敬する方のホームページにアクセスしたのですが、全くの別会社になっておりました。。。。

理由は解りませんが、もう復活はないのですよね。特に職人の手の話はずっと頷いて読んでいました。

また当時、そこは違うんじゃないでしょうか!とか・・。そこはそうですよねっ!!とか・・。えっ!そんな事例もあるんですか!。とか、最善の敬意を払いつつ、本当によく勉強させて頂いた記憶が蘇ります。懐かしい。

少し寂しいですが、私も慢心せずにひたすら一生懸命やれる所までがんばっていきます。 😀

本日の雨漏りは瓦屋根の壁際です。地瓦の谷芯に雨水。特に壁からの雨水が合算された時にこの構造の排水量を超えてしまします。 😉

防水シートを細工して隣の列の瓦に壁際からの雨水を逃がします。応急処置ですがこれでしばらく吹き降りの雨の被害は出ません。 😀

 

現場を移動します。

名神高速道路のパーキングエリアで昼食を頂きました。少し食べ過ぎました。というより量が多かったのです。  😳

雨漏り現場に付きました。銅製箱樋の摩耗と裂傷からの雨漏りです。雨水の経路は下写真の様な感じです。 😉

この様にして窓枠に雨水が到達致します。こちらの改善工事は銅製箱樋の交換となります。

それと波板の交換工事の御依頼も同時に承りました。 😉

 

そういえば、ブログコーナーだけじゃなく、このホームページの全ての記事は私が書いてました。

(^^;)

日曜日の雨漏り調査

2017-12-03

こちらの写真は入母屋の腰板からの雨漏り写真です。大阪南部ではこの様な構造の場合、銅板で二次防水層を作りそれから腰板を施設する構造もあります。

この腰板に鋼板でカバーする工事を御提案致しました。 😉

もう一つは台風21号の風害被害の出た右袖瓦のズレを診ておりました。右袖瓦は左袖瓦よりその構造上風に弱い特性が御座います。幸い錆びて膨張し切った亜鉛釘も瓦のΦ内に収まっておりましたので、膨張割れの欠損はありませんでした。ステンレスビスにて再度の緊結を施せば大丈夫で御座います。 😉

 

本日の業務中に狼煙の様な雲を見つけました。何でこうなるんでしょうね。

(^^)

今日は義父の誕生日会です。さぁ~みんなで楽しくお食事。みんなの顔を見ながらお食事です。

よい一日で御座いました。 😳

それゆけ! 雨漏り調査団8

2017-11-20

本日も皆様あらゆるお勤めありがとう御座います。雨に濡れますと寒さが増しますので体調など崩されませんように。

<(_ _)>

私共は、写真の緑線上から派生する雨漏りの診断にお伺いしておりました。この緑線の箇所だけは壁からの雨と屋根瓦からの雨が合算されて流れ落ちる箇所ですので頻繁に雨漏りを起こす箇所で御座います。 😉

本日お伺いしたもう一つの別の屋根も理屈は同じです。ただ、こちらは緑線上の瓦の更に上部。ここに水切り板金が付いていませんから、隣合わせの壁面の量が小さくても吹き降り以外の雨でもそれなりの雨量が発生してしまいます。 😉

最後に調査にお伺いした棟板金の飛散写真です。こちらも緊結材に鉄生釘を使用していた事によるものでした。改善工事には足場が必要であります。安全を確保出来る最低限の足場で対処させて頂こうと思います。

 

台風の被害報告も緩やかになりまして、ほっと一息付かせていただきつつ

一つ一つ御対応して参りますので宜しくお願い申し上げます。 😳

 

(`・ω・´)ゞ<がんばっていきますよ~!! 🙂

 

それいけ!雨漏り調査団 2

2017-11-15

皆様こんにちは~。

樹木の息を吸いますと、ゆっくりと洗われて行く様な、冷たく心地の良い空気でした。銀杏並木もいそいそと冬支度と着替えをしていました。 🙂

本日は朝から豊中市の現場調査にお伺いしておりました。隅棟の鬼瓦が今回の台風で飛散してしまっています。鬼瓦はこの部位で一番重い部材でありますのに・・。相当な風圧が掛かっていたようです。 😕

続きまして伊丹市に現場を移動致しました。

隅棟瓦の雨漏りの応急処置を施しました。防水紙とステンレス線で緊結しています。結構これだけでも雨漏りは凌げますよ。因みに、耐用年数は3年です。 😉

続きまして茨木市に移動いたしました。

割れている銀黒釉薬瓦を二枚交換致しました。軒先万十瓦という箇所と地瓦という箇所の合計2枚です。 😀

またまた、現場を移動しまして今度は大阪市住之江区の屋根へ。写真はズレて雨漏りしている箇所にアスファルトルーフィングを挟んで一時的に雨漏りを止める作戦です。 😀

台風被害で、まだまだSOSの御声が挙がり一生懸命、対処に勤しんでおります。

(`・ω・´)ゞ<やるしかないんです!!

でも

ここは、見返りが必要な位、息を詰めてはやりません。実は一歩手前でちょっと一息いれたりしていますから、施主様にありましては、合い見積もりとか全然全く気になさらないで下さいね。 😀

本日もお付き合い頂きましてありがとう御座いました。お風呂に浸かってゆっくり休みましょう。

<(_ _)>

« これより古い記事はこちらへ

伝統技法・銅樋制作・鮟鱇制作も承っております。

建築板金・手作り銅樋制作~取り付け迄

建築板金で使います手作りの銅製樋の制作~取り付け迄を倍速で動画にしてみました。(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

建築板金銅樋工事

建築板金銅樋工事を平成28年大阪府にて施工させていただきました。(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

建築板金・銅製隅飾り

建築板金・銅製隅飾りの動画です。(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

屋根漆喰工事 塗り方

H23年、大阪府摂津市にての屋根漆喰動画です(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

屋根漆喰工事の下地処理

漆喰の寿命を決める大変重要な作業です。H23年吹田市にて(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

当店使用の主要副資材

屋根修理・雨漏り修理で当店が主に使用しております副資材です。(⊹^◡^)ノ

日鉄住金ガルバニウム

塗膜10年保障の遮熱塗装

ステンレスパッキンビス

錆びによる膨張割れ無し

屋根修理お役立ち技術情報

屋根雨漏り修理施工エリア

屋根工房きのしたの特徴

雨漏り修理記事検索

屋根の修理 雨漏り修理など屋根のメンテナンス、葺き替えをお考えのお客様 すべての工事に関して職長である私が手掛けさせていただきます。
大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山県で屋根工事修理をご検討中の方、一度ご相談下さい。必ずお力になります。
屋根工房きのした 職長 鈴木大輔 〒5640039 大阪府吹田市清和園町9-16
電話:06-6319-5244 直通携帯電話:090-6752ー2822 FAX:06-7503-2115 営業・受付時間 午前8時~午後5時まで(日・祝日休業)

大阪府はもとより、兵庫県・奈良県・和歌山県に対応いたします。

旭区・阿倍野区・ 生野区・北区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・中央区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西区・西成区・大阪市西淀川区・東住吉区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区・堺市北区・堺市堺区・堺市中区・ 堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区・池田市・茨木市・交野市・門真市・四條畷市・吹田市・摂津市・大東市・高槻市・豊中市・寝屋川市・東大阪市・枚方市・箕面市・守口市・八尾市・柏原市・羽曳野市・藤井寺市・松原市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市・高石市・泉大津市・和泉市・岸和田市・豊能郡 豊能町・豊能郡 能勢町・三島郡 島本町・南河内郡 太子町・南河内郡 河南町・泉北郡 忠岡町

Copyright © 2011-2018 雨漏り修理,瓦屋根修理補修店,大阪,兵庫,奈良,和歌山へ安心を. All Rights Reserved.