‘実際の屋根修理・雨漏り修理内容’

スレート屋根の雨漏り修理(現場京都市・右京区)

2017-09-15

 😀 京都市右京区にてスレート屋根の雨漏り修理を施工致しました。

写真の青線で記している部分が今回のスレート屋根が雨漏りした侵入口です。前もって応急的に止水処理を施しておりましたのでご安心の上での施工となりました。

😉 スレート屋根はそのままでガルバニウム鋼板によるカバー工事を施工致しました。

😀 この度は私共に御信頼を置いて頂きまして、誠にありがとう御座いました。

<(_ _)>

 

雨漏り修理・調査と応急(高槻市と宝塚市)の現場

2017-09-02

😆 皆様何時も有り難う御座います。

本日は、大阪府高槻市と兵庫県宝塚市にて雨漏りの診断と応急処置工事をさせて頂いておりました。

先ずは高槻市のベランダ雨漏りの主な内容です。

😉 今回のベランダ雨漏りの原因の一つにドレン・排水口の劣化が挙げられます。この部分は大量の雨水が集中する箇所でありますので、雨の中に混入している不純物が防水塗膜を徐々に削り取って行きます。雨水が一度入り込みますと、この箇所のすぐ下に雨漏りが発生する場合もありますが、そうでなく内部にもう一層のアスファルト防水などの層がある場合などは雨水の侵入地点と漏水地点が掛け離れている場合がありますので注意が必要です。調査する時は先ずはドレン・排水口の劣化を疑うのがこのケースの雨漏りの基本となります。

😉 この写真は劣化した塗膜の写真です。水捌けの悪い箇所は他の部位より先だって劣化の進行が早まります。その原因は防水塗膜の強度にもよりますが、一番の原因は熱膨張による物ではなくて塗膜の溶解が乾燥している部分より早期に発生するからと考えられます。よって今回は笠木・防水・ドレンの強化の御提案となりました。どれ一つ抜かしても雨漏りを完全に止める事は出来ません。

😉 現場を移動しまして。

 😉 隅棟瓦が崩落して埋まってしまったトンネルから雨漏りしている屋根の応急処置をしておりました。少しアップにしてみますね。

 😉 写真のオレンジの丸の部分が雨水が入ってくる侵入地点です。雨水は赤矢印の様に流れて来ますので、その流れを止められますと瓦の隙間から雨水が溢れて仕舞います。

😉 トンネルを開通させて尚且つ防水紙に応急処置をさせて頂きました。これで大丈夫で御座います。

😉 また、もう一つの雨漏り箇所は後付けで施設されました、アルミテラスボルトからの雨水の侵入です。こちらもアップで見てみましょう。

😉 僅かながらですが雨水が流れている跡と、その雨水が壁に打ち込んでいるボルトに干渉している事が解ります。

😉 この雨水を止める為にアルミテラス床と壁面との隙間をシールさせて頂きました。これで雨漏りは直ります。

 

😀 この度は私共に御信頼を置いて頂きまして誠にありがとう御座いました。

スレート屋根雨漏り修理(奈良市)

2017-08-31

皆様何時もありがとう御座います<(_ _)>

一日一日、涼しくなってきております。そろそろクーラー無しで夜過ごせるかな?

🙂 本日は、奈良県奈良市にてスレート屋根の雨漏り修理にお伺いさせて頂いておりました。御依頼して頂いた方は私のHPを良く見て役に立てて頂いている方で、本当に有難く思っております。まだまだ精進して沢山お役に立てる記事を書いて行きたいと思います。

😉 雨漏り箇所は写真の屋根の真下辺りの天井です。先ずは壁際に受けている捨て谷の幅を見て居ます。約2寸(6㎝強)の幅を持っておりますが、水道が付いたらこの捨て谷の幅を超えてしまい防水紙に干渉してしまうのがこの建材の特徴です。鼻先のスレート材は流石に今回は壁際に直接入っていません。偶にですが捨て谷が入っていない場合も御座いが今回は大丈夫です。

😉 前述しました通り、捨て谷が暴風雨時には機能しない時もありますから水切り板金とスレート材の間にもシール処理致します。本来は水切り板金の幅を倍にしてカバーを掛ければ良いのですが一応本日は応急処置で全て対応致します。

😉 赤丸で囲っているシール部分も途中で切れておりましたので際シール処理致しました。この屋根のこの部分のケラバ廻りは全てシールで抑えて入水量を抑制致しました。入水量さえ落ちれば後は捨て谷が雨水を拾ってくれるからです。この処置でおよそ10棟程ですが、雨漏りを完治させて頂いております。

 

😉 この度も私共に御信頼を置いて頂きましてほんとうにありがとう御座いました。責任感の強い方のお手伝いはこれからも必ずさせて頂きますね。どの様な雨漏りでも私共が絡んだ以上100%直りますので、どちら様もどうか悩まずにごゆっくりお休みください。

<(_ _)>

瓦屋根の雨漏り応急処置(八尾市)

2017-08-26

皆様何時もありがとう御座います<(_ _)>

大阪府八尾市にて瓦屋根の雨漏り応急処置をさせて頂きました。

🙂 向こうに見えるのは生駒山脈。少し曇りがちでしたので楽に作業が出来ました。

(^^)この時期の曇り空は何かと助かります。

😉 以前お伺いさせて頂いた時に地瓦平部の割れからの雨漏りは止めていましたので、今回は棟瓦に屋根工事で使うゴム製のルーフィングをステンレス線を用いて緊結致しました。これにて暫くの間雨漏りの無い生活に戻る事適います。

🙂 この度は私共に御信頼を置いて頂きまして、誠にありがとう御座いました。

樋の清掃で雨漏り防止!(大阪府・箕面市)

2017-08-24

皆様、何時もありがとう御座います<(_ _)>

本日は大阪府箕面市にて樋の清掃工事に従事しておりました。

😀 先日の朝方、私の住む清和園町が停電してしまいました。停電の原因はどうやら高城町の道路に埋設している配線が爆発してしまったらしいです。復旧に当たった警察の方や電力会社の方、お疲れ様で御座いました。少しの時間でしたが電気の有難さを痛感する出来事となりました。本日は何時も通り業務をこなせます。ありがとうございます。

<(_ _)>

😉 現場に到着して、早速集水器廻りの詰まりを吟味致します。蜘蛛の巣が確認できますね。落ち葉は元よりこれも詰まりを加速させる原因の一つで御座います。蜘蛛の巣に細かい葉が絡みついてしまいます。

😉 またアブラゼミの死骸も出てきました。まだまだ残暑が厳しいですが夏の終わりが近づいてますね。これも樋の詰まりを加速させる原因の一つです。

😉 大きな詰まりでない場合は割と簡単に写真の様な番線とペットボトルに入れた水。あと土嚢袋で清掃が可能です。

😀 綺麗に流せ落とせました~。この樋の詰まりが原因で雨漏りしてしまう場合があります。写真でお解りの様に詰まってしまった樋の下にも一階の瓦屋根がありますでしょ?

この瓦屋根に樋の詰まりが原因で溢れた水が大量に当たると一階の瓦屋根が排水出来る限度を超えてしまいますので雨漏りしてしまいます。

ということは?

ハイ!樋掃除だけで直る雨漏りもあるという事です。是非覚えておいて下さいね。

😉 他の箇所の詰まりも見つけました~。升に入れてる縦樋がちょっと長いかな?

😉 少し切断して、細かい葉が溜まらない様にしておきました。この作業は屋根の先端に行かないと出来ませんのでDIYはやめておいた方がいいです。普段屋根に登っているお近くの屋根屋さんに依頼してくださいね。

🙂  全ての点検も済みましたのでこれで万事解決です。何時も御信頼を私共に置いて頂いてありがとう御座います。

 

 

(今日の我が家)

😥 先日、娘の悩み事を聞いている時、娘が嗚咽を漏らしながら私に縋っておりましてですね。もうなんだか・・人は泣くと体温が上がるんですね。二℃位上がってたかな?伝わって来る体温が痛くてですね。もう痛いだけでした。(^^;)

同じ泣くならやっぱり笑い泣きの方がいいし、感動して泣いてくれた方がいいです。

その娘も今は元気に元の位置に戻って、負けるもんか!になってくれています。

そうだ自分の命だ!今は攻撃力より防御力を高めて鉄の乙女を目指すんだ!ギッチョン・ガッチョンと歩いて行くんだ!今度は簡単に突破されるんじゃないぞ!っと。。励ましてみたものの。。

逆に私が泣いてても全くの無駄です。キモッ!で終わりです。まぁ泣き過ぎという事も理解はしていますし、放置でOKという家族の認識は間違っておりません。笑

これを書いている時にもう一人の娘が夏休みの自由研究で出来たカビの胞子を歌いながら嗅いで、お母さんに怒られています。何やってんだか・・。何で嗅ぐのかなぁ・・。解りようもない。笑

写真は娘のお母さんです。鋼鉄製です。(^^)

🙂  健康に恵まれている毎日。本当にありがたく思っております。。。

雨漏り修理工事・谷樋の穴(大阪府・高槻市にて)

2017-08-23

皆様、何時もありがとうございます<(_ _)>

本日は高槻市にて瓦屋根の雨漏り修理工事に従事しておりました。

😆 お昼休みに用水路をふとみるとアメリカザリガニがあちこちでウロウロしております。久しぶりにアメリカザリガニを見ましたので・・うわぁ!ザリや!と奇声を上げておりました。

😥 今回の雨漏りの原因は銅製谷樋の穴が原因です。随分お待たせ致しましたが、先に止水処理しておりましたので雨漏りは止っております。今回の銅製谷樋はちょっと薄いかな?

😉 新しいステンレス製の谷樋を施設している所です。白い所は南蛮漆喰と言いまして雀の侵入や蝙蝠の侵入を防ぐ役割を成してくれます。ステンレスは錆難いので摩耗による穴が開きにくいのが特徴です。

😉  瓦と谷樋の間に土や南蛮漆喰を置いてしまいますと雨漏りの原因になってしまいますので、ステンレス線を使ったりしながら外した瓦を元に戻して完成となります。

🙂 この度は私共に御信頼を置いて頂きまして、ありがとうございました!またご紹介を頂きました施主様、本当にありがたく思っております。<(_ _)>

 

😳 休憩時間にこの前要らない物を整理した所なのに、家内がガチャガチャをやってしまいました。狙っていた白の肉球ライトを一発でゲットです。私は今回は欲しい物がありませんでしたので見送りました。デビルマンをまたやってくれないかなぁ~。もし見付けたら今度は本気出します。(^^)

セメント瓦屋根からガルバニウム鋼板屋根へ(大阪市・淀川区)

2017-08-17

🙂 大阪市・淀川区にてセメント瓦からガルバニウム鋼板に変更する葺き替え工事を施工致しました。写真のセメント瓦屋根は数年前に塗装のメンテナンスを施しております。劣化した塗膜が水流を止める堰となり雨漏りしておりました。

 

写真の黒っぽく変色している箇所が雨水が入っても抜けれない箇所です。屋根勾配が緩かった事と屋根材内部の埃の堆積量も多かった事も雨水が下地まで浸透してしまった原因の一つで御座います。

 

セメント瓦を全て撤去して、アスファルトフェルトも撤去し、清掃を繰り返します。この時代の防水紙(ルーフィング)は二次防水と呼べる物では無く、今の様な強度も保持しておりません。

構造用合板(0.9mm)を既存野地板の上から施設致します。

続きまして、新しいアスファルトルーフィングを施設致します。

 

その後、NISCガルバニウム鋼板(0.35mm)を晒し葺きで施工致しました。

今回葺き替え工事を御提案した理由は下記の通りです。

①セメント瓦自体に大量のシリコンを塗布してあり再利用が難しい事。

②元々セメント瓦を使用する際の適合屋根勾配では無かった事。

※屋根勾配は2寸※この二点、これが致命的でした。

③躯体年数も考慮しつつ、施工費用を出来るだけ抑えたかった事。

以上の3点となります。

 

🙂 この度は私共に御信頼を置いて頂きまして誠にありがとう御座いました。

手作り銅製樋の制作~取り付け迄の動画

2017-08-14

手作り銅製樋の制作~取り付け動画を倍速で一本の動画にしました。

この世界は建材としての機能を果たす事が第一でありますからある程度の定義はあります。その中で職人さんがそれぞれ持つ感性や流儀と施主さんが楽しんできた世界ですのでこれが正解という形はどの作品にもありません。

お時間が御座いましたら、約3分位ですので楽しくご視聴頂ければ幸いです。

(^^)

波板の交換工事(大阪市東淀川区)

2017-08-03

大阪市東淀川区にて波板の交換工事をさせて頂きました。

 

当初は破損個所のみ修理という御要望でありましたが、施主様熟考後に全交換への変更と相成りました。経過年数は不詳でありましたが、塩ビ波板の耐久限度は超えており、最善の選択だったと私も思います。

 

全ての波板を交換致しました。強化プラスチックの波板とフックで再生しております。また、独立したサンルーフでしたのでアルミアングル上部には鉄板ビスで補強も施しております。

 

この度は当店に御信頼を置いて頂きまして、誠にありがとう御座いました。

m(__)m

 

悪気はないけど漏れちゃった。

2017-07-20

🙂 何時もホームページを見て頂いてありがとう御座います。

今回の雨漏りは写真の青線で囲った部分にシリコンといいます接着材。防水材を塗った事によって雨水が排出出来無く成った事に起因する雨漏りです。

 

こちらの写真の様に葺き土が逆流した雨水で浸食されている跡がはっきり見えますね。

6年前ならいざ知らず、もうこの様な工事をする方はおられないと思いますが、屋根屋さん以外に安直に雨漏り修理を御依頼した場合には、結構な頻度で再工事の必要が発生するケースも御座います。

※決して悪気があって施工したのでは無い場合も御座います。

 

今回はくっ付いちゃった接着材をカッターで切まして御対応させて頂きました。

 

🙂 宜しければ、私のホームページを御参考にしてどの様な対処が最善か吟味してくださいね。

 

 

 

« これより古い記事はこちらへ

伝統技法・銅樋制作・鮟鱇制作も承っております。

建築板金・手作り銅樋制作~取り付け迄

建築板金で使います手作りの銅製樋の制作~取り付け迄を倍速で動画にしてみました。(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

建築板金銅樋工事

建築板金銅樋工事を平成28年大阪府にて施工させていただきました。(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

建築板金・銅製隅飾り

建築板金・銅製隅飾りの動画です。(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

屋根漆喰工事 塗り方

H23年、大阪府摂津市にての屋根漆喰動画です(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

屋根漆喰工事の下地処理

漆喰の寿命を決める大変重要な作業です。H23年吹田市にて(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

当店使用の主要副資材

屋根修理・雨漏り修理で当店が主に使用しております副資材です。(⊹^◡^)ノ

日鉄住金ガルバニウム

塗膜10年保障の遮熱塗装

ステンレスパッキンビス

錆びによる膨張割れ無し

屋根雨漏り修理施工エリア

屋根工房きのしたの特徴

雨漏り修理記事検索

屋根の修理 雨漏り修理など屋根のメンテナンス、葺き替えをお考えのお客様 すべての工事に関して職長である私が手掛けさせていただきます。
大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山県で屋根工事修理をご検討中の方、一度ご相談下さい。必ずお力になります。
屋根工房きのした 職長 鈴木大輔 〒5640039 大阪府吹田市清和園町9-16
電話:06-6319-5244 直通携帯電話:090-6752ー2822 FAX:06-7503-2115 営業・受付時間 午前8時~午後5時まで(日・祝日休業)

大阪府はもとより、奈良県・京都府・兵庫県・和歌山県に対応いたします。

旭区・阿倍野区・ 生野区・北区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・中央区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西区・西成区・大阪市西淀川区・東住吉区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区・堺市北区・堺市堺区・堺市中区・ 堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区・池田市・茨木市・交野市・門真市・四條畷市・吹田市・摂津市・大東市・高槻市・豊中市・寝屋川市・東大阪市・枚方市・箕面市・守口市・八尾市・柏原市・羽曳野市・藤井寺市・松原市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市・高石市・泉大津市・和泉市・岸和田市・豊能郡 豊能町・豊能郡 能勢町・三島郡 島本町・南河内郡 太子町・南河内郡 河南町・泉北郡 忠岡町

Copyright © 2011-2017 雨漏り修理,瓦屋根修理工事店,大阪,京都,兵庫,奈良へ安心を. All Rights Reserved.