‘職長の経歴と想い出’

優しかった淡路島の窯元の人達

2016-09-18

その昔、丁度独立して間もない頃のお話し。
独立といいますか暖簾分けに近い形です。
当時私の瓦の仕入れ先は他の瓦屋さんからでした。

釉薬和型の葺き替え工事で、p1を所望したのですが、
どうみてもp2。
支払った対価に値しない建材が来ました。

当時20歳前後だったので舐められたと憤慨した私は、窯元さん直で仕入れを行う事を決意!!(笑)

いや。。笑ってますけど、どうやったらこの袖収まるねん!というのも流通していた時代でした。

今度は、舐められてたまるかもん!!と、、何語か解らん言語を使いつつ・・
地下足袋履いて、西宮のフェリーから一路淡路島へ。
現在は、明石海峡大橋からすんなり渡れます。

 

地下足袋って・・笑

 

屋根屋の正装ですけど?

 

 

いや、、ともかく当時の私の社会性の限界を駆使して窯元さんに到着。

建物は古いけど、木の床。小学校の時の教室で使っていた床と同じ。
応接間で、名刺の交換をさせていただき、お茶も事務の方に出して頂きました。

突然地下足袋で来襲した小僧にもすごく優しいのです。
何が優しいかって?

いきなり月締めで取引きしましょうと言ってくれた事。
なんの信用も無い私に、ツケで建材を入れますよといいう提案。

さすがにそこまで甘えられないので、3か月位は現金取引のみで私がかってに采配しておりました。
適正単価の恩恵も受け、小僧を一人前の社会人として扱って下さいましてありがとうございました。
幾度も幾度も帰りのフェリーの上で今までの仕入れ単価との違いを見て嬉し笑いを繰り返しておりました。

 

淡路島の窯元の人達は、大阪人の私ほど気ぜわしくもなく、農耕民族のゆったり感がずっと生きている人間性でした。

数年前に時代の波と共に窯の灯を落とす結果となってしまいましたが、このお付き合いは私の人生のアルバムに綴じております。

勝手な憶測ですが、時代の波ももちろんあるでしょうが、誰に対してでもこの対応で、売り掛けの回収が出来なかったのではないか?など自分がその後被った事象に被せて考えてしまいます。

 

淡路島の人は優しいし、ゆっくりしている。私にはずっとそう映っております。

御施主さんの屋根も、このゆっくりした、優しい方々が作った瓦屋根が乗っかってるかもしれませんね。 😛
 

 

 

小さい屋根屋の想い出

2016-09-01

本日は、こちらの屋根の漆喰工事と鳥の侵入口を見つける改善工事に従事しておりました。

鳥の侵入口は入母屋妻下屋根からとおおよそ判断はつきましたが、軒万十下の雀口からも可能性としてはありえます。

ただ、この現場は大阪南部で、北部と違い土量が倍以上ある家屋が多い為、今回でもしダメだった場合に雀口の対処をしましょうという御提案となります。

土量を倍以上使うベタ葺きの場合土差しという工具を使っていたらしいのですが、私が7歳の時の現場では、既に土盛りといいます工具に移行していた筋葺きでしたので、実際見たことはありません。

 

 

 

 

大体40年位前の現場での想い出から・・。
瓦を包装している新聞紙を拾ったり、土盛り洗ったり、鉄砲洗ったあとにもう一杯とか言われて一人前にイラついたり・・笑

夏場の屋根工事といえば、やはり!!アスファルトの匂い
瓦を捲ってハイトンを張った時に立ち込めるアスファルトの匂いは大好きでした。

はしゃいで、意味もなく屋根に上がってウロウロしたりして・・。

当時の日当が1650円頂いておりまして、一日一日増えていく給料に夢は膨らみ捲りました。 笑

頂いたお給料を何に使おうか?

インベーダーゲームは一回100円もするので高すぎるから見るだけやな!
ガチャガチャ相撲消しゴムは麒麟児でるまでやれる・・。
王将アイスは一つ30円やから食べ放題やな!
のらくろガムも30円のキャラメル入り連結チロルも問題無し!
グレンダイザーの超合金もいけるで!

とか、色々考えておりましたが、

色々迷いましたが・・結局何に使ったかといいますと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全てではございませんが、殆ど家計の足しにしていただきました。 (笑)

今でも全く問題無く、それが一番正しい自分も親も喜ぶ選択肢であったと思います。

こうやって子供の頃よくやっていた手で望遠鏡を作って昔の自分と景色を重ねて見てみると、、、

人間の本質は、幼き頃からそう簡単には変わらない。むしろ色々付着した物を削ぎながら戻っていくといった方が正しい様な気がします。

なので、あの人みたいに、あの会社みたいに、あの家庭の様に・・・
なりたい・・。
なんて思わんでもええのじゃないでしょうか。

もし、なれても無垢な人を見下して恥を描く危険性も高まりますし、

また、あの人みたいじゃない、あの会社みたいじゃない、あのご家庭みたいじゃないも
思わんでもええのじゃないでしょうか。

自分が完璧であると信じてやまない人からこの人に石をなげよ。
こんな言葉もあるし・・。

 

私の様にピチパツの若輩経営者は、変な武装しないで裸でアタックだ!

 

ウチはウチ!よそはよそ!
関西女性名言のこちらも、何か浅い気がするけど、私の能書きより合ってると思います。 (笑)

 

なつかしむ

2015-02-26

CA3I0788

本日は雨天。
切り良く寄棟の雨漏り修理も終え、空をぼんやり眺める日となります。

CA3I0785

だんだん盛り方衆が腕を上げて参りましたので
少し汗ばむ現場となりました。

ふと・・土葺き主流の頃
土盛り鳴らして職人さんと追いかけっこした想い出がよみがえりました。
(カシャカシャ鳴らして暗黙のプレッシャーをお互い楽しみます。)

現在は、工法の推移により殆ど再現する機会はありません

しかし・・
何故皆負けず嫌いだったのだろう。笑

淀川天然ウナギの捕り方

2013-06-19

1371568154PFE3TTLqq_Q9fYY1371568154[1]祖父から親父、親父から仲の良い左官屋さんへ受け継がれて行ったウナギの採り方の記事です。物心付いた時から19位まで屋根工事の暇を見ては親父とウナギ採りに淀川へ赴きました。19を超えたあたりからウナギを追いかけるより別の何かをおっかけてしまうのは、まあ自然の成り行きで御座います。

①まず河川に散在する石を大中小と積み上げていきます。(石には暗黙の権利が有り)人の石は絶対触らないのがルールとなります。

②引き潮を見て網をその石に這わせて行きます。先にはモンドリを備えウナギがモンドリに入る様にセットします。

③そして石を人力にて網横に分投げて行きます。太陽の照り返しと石の重さで奥歯が欠けそうになります。しずがうまく収まらず少し脱走するウナギもいますが、モンドリにウナギや手長エビ、毛ガニ、ハゼ、チヌやスズキの子が一網打尽にされます。

得意気にモンドリを抱く親父の顔を思い出します。昔の淀川は干潟もあり石を分投げる力のない子供時分は干潟のせせらぎの小石をよく捲って遊んでおりました。そこには信じられないかもしれませんが、ミミズ位のちっこいウナギが結構生息しておりました。現在はどうなんだろ干潟再生とかしてるみたいだけど。

子供時分はこの作業を大体5.6回すればミカン箱二箱位ウナギが採れましたが、毎年漁獲高は減って行きました。(因みに私の兄弟は私を含めウナギ嫌いです。ウナギばかり食べさせられた悪夢がよみがえるからです。笑)

帰りしな鐘をならすおっちゃんからアイスクリンを買って貰い帰途に付き、採れたウナギを色んな人に配り一日が暮れて行きます。釣り人がウナギを売って欲しいと声かけられる事も度々ありその都度、親父は一番おいしそうなウナギをびくに入れてあげていました。(当然無料で)貰った方は次の機会に何かお返しを持って参上するという。そこだけ江戸時代みたいな雰囲気でした。

親父?何でお金に変えないの?と質問すると

俺は屋根屋やから屋根で飯食うてるやん それになんかそんなん嫌いやねん

何時もこう答えておりました。

(なんかそんなん嫌いやねん)・・色濃く私も受け継いでおります。(笑)

 

 

 

一番寒かった現場(十三大橋麓の和菓子屋さん)

2012-01-27

今から約20年前十三の瓦屋さんで、土盛り手として従事していたお話です。

その日の寒さは今でも思い出すだけで、冷蔵庫の中に放り込まれたような錯覚に陥るほど寒かったのを記憶しております。淀川沿いの和菓子屋さんの入母屋屋根葺き替え工事だったのですが、その年一番の寒波到来と淀川から吹きすさぶ風で、私含め4人の職人さんの鼻からは止めどもない水が・・(笑)

全員鼻から、水垂らしつつ仕事をさせて頂いておりましたのですが、誰一人として鼻を拭こうとはしませんでした。拭いてもきりがないからです。(笑)誰一人として無言で黙々と自分の役割をこなすのですが、最早全員プロ中のプロですので、完璧に自分の役割をこなしていきます。私は盛り手ですので、自分の180CMの身長を生かし、少し位遠い盛り土山でも片手で盛り倒します。本当は、もうちょっと右と言いたいのですが、先輩でもありますし、寒すぎるので、押し黙ったまま黙々と・・・(笑)

一日の作業が終わり店に帰りますと番頭さん以外は倉庫で着替えます。これがまた寒い、汗がちょうど引く辺りで服を脱ぎますと本当に寒いのです。ストーブとか一切無し(笑)

暫くして親方が倉庫に顔をだして どや寒かったか?と聞かれるのですが・・この親方第二次世界大戦に赴いて生還致しました強者ですので、ぐだぐだ泣き言言っても通用しませんし、話が長くなりますので、私は、ちょっと冷えましたねとか、能書き全開で対応しておりました。(笑)

最近は、十三大橋を渡ることは無いのですが、あの和菓子屋さんは、現在も御活躍中なのでしょうか・・今度機会が御座いましたら車を止めて、当時の屋根を眺めてみようかと思います。確か渡し船の時代から営業されていたので、今でもバリバリ営業中だとは思いますが・・。

この和菓子屋さんの現場より寒かった現場は今のところ御座いません(笑)

昭和53年 釣鐘堂 本葺き工事

2011-07-10

日ごと暑さが増していきます。ご老輩におきましては、世の節電ムードなど気になさらず、水分補給と空調にて、お体をご自愛くださいませ。
八月が目前になりますと記憶の引き出しが開き、セミの鳴き音と共に鮮明になる。昔の子供職人屋根工房きのした 職長 鈴木大輔の想い出など書いてみようかとおもいます。

昭和53年夏・・・
今日は釣鐘堂屋根、本葺きの現場へ
親父、職人さん、私(当時8歳)にて出発。今より涼しいとはいえその日の猛暑は、えげつない暑さでした。

現場に着き、早速硬くなった、葺き土をこね、こね、
おーい練れたら上げやー、と言われ、まだもうチョイやーっと言い訳。(なんや俺間に合ってないんちゃうか・・と心の声)
ごまかしつつも、とりあえず土上げ完了!

おーい大、そこの丸っこい瓦上げてくれるかーっと言われ、見上げながら、丸っこいって素丸の事やろ!名前でゆうてくれな、よけ解らんわ!っと、汚名挽回のため、少し、どや顔しながら、トロッコに積み込み。
2人が次何を指示するのか、屋根上を睨み付けて待機する私。
おーいそこの四角い・・・・・ 熨斗やろ!何足やー!っと声をあらげる私。
2人の先輩はニヤニヤしながら麦わらのチッコイ私を見下ろしていました。

そんなやり取りのあと、お楽しみの昼飯ご飯!
もう限界まで体と頭を振り回した私は、この時とばかりに藤棚の下に引いたシートに一番乗り。
親父に差し出された弁当を頬張りながら、瓦の名前はちゃんとゆうてくれなあかんで!っと、一人前の能書き。
食事の後、施主様が チッコイ私を見てチューチューを持ってきてくれ、ゴロンと横になってチューチューに吸い付く私。
麦わら帽子越しに見える、藤棚からこぼれる、少し優しくなった日差しと、時折体を冷やしてくれる風・・・・・

そうです、思いっきり寝てしまいました。笑

曇りがちに天候が変わり夕立を匂わす冷たい風が、頬を伝った瞬間飛び起き、やばい、雨きよるっと、辺りを見渡して見ると、2人の大先輩は雨養生も終わり、帰り支度をしていました。
余りにも恥ずかしい醜態を晒した私に、2人の大先輩は、大輔 瓦の名前ようおぼえてきたなあ、お前が来てくれたらごっつい助かるわって言ってくれました。

今思えば、負けず嫌いの私の性分を、完全に理解してくれていて、疲れきっていた私を寝かせてくれ、本当に大事にされていたんだなあと思います。

帰りの丸っこい目のダンプのなかで、何で起こしてくれへんかってん!っと文句を言うチッコイ私。
店に着くと本当は、グーグー寝ていたので半日なんですが、その日の日当、当時1650円を堂々と、しっかり頂きました 😆
その日から。
当店に来てくれた数々の職人さんの昼寝を邪魔したことはございません。

あれだけ携帯触るなと言ったのに、このタイミングでは許すしかない写真
      
inemurinamaketarou
おまけ今日ご依頼頂きました大阪府吹田市のお施主様の雨漏り修理の現調 写真           
hisasikaranoamamoridesu
以前の記事通りの教科書通りの雨漏り修理依頼ですが油断せず技量目いっぱいがんばります!!

 

雨漏りと戦った私の経歴

2011-07-06

皆様何時もありがとう御座います<(_ _)>

当店HPを見ていただいている方に誤解の無いように少し私の経歴をまとめてみたいと思います。

先ず、雨漏りを止めてきた私が何故色々なスキルを持ち合わせているのか自分を自分で考察した結果を書いてみようかと思います。

雨漏り修理の最初の依頼はなにを隠そう自分自身が22歳のときに初めて葺いた谷の仕舞いでした。

それまで今は無き瓦職人さん達の技術を暇さえあればパクリ。大輔、葺くとか一人前言うな!雑巾で拭いとけと罵声を浴びつつ、ある日、業界の人なら即納得のいく今日はOOは二日酔いで休むらしいでと現場にて連絡がありました。そしたら大屋根、目も遠いし大輔やってみいやと親方から声が掛かり、他界しました一流の手元我が実父(機械の無い時代、肩で瓦を担いで昼迄に2000枚を屋根の上に上げます。亡くなった今でも尊敬の念は絶えません)がなんと!手元をやってくれるとの進言もあり鼻息を荒くしながら谷の仕舞いに望む私。。。

そうですいきなり漏らしました。 😳

当時私は、あくまで板金屋さんのせいにしようと言い訳未練タラタラ、タラタラ実父に垂れ流し、あくまで自分の施工不備のせいにしようとはしませんでした。

それでも父は笑顔で聞いてくれまして、そやなお前のせいちゃうなっとチョットニヤニヤしながら受け答えしてくれたのを今でも思い出します。そやったら親父、谷板金の仕舞いわしがするわっと翌日親父と共に手直しに行きました。半泣き状態でした。 :oops:その屋根は震災後も未だに漏れずにがんばってくれています。

この時、私はもう絶対急所の仕舞い、職人のプライドを引き裂く雨漏りの急所は自分でやると心に決めました。当然、屋根板金の雨漏りを熟慮した収めての板金技術また、軒折れしている垂木、野地の補修等の屋根工事における大工の技術、不陸調整またコロニアル ベスト塗り替えによりおきる毛細管現象雨漏り、塗料の選択当の塗装考察。また 鬼首 面土2段奥調整漆喰左官、漆喰においては左官屋さんが塗ったのか屋根屋さんが塗ったのか)今では一目で解ります。左官の技術あくまで屋根屋として屋根雨漏りにまつわる総合技術です。これらの殆どを外注に出さず自分で収めて参りました。

そういった経緯もあり、屋根雨漏りに関する全てのスキルが今では備わっていると思っております。ですので余程の経年劣化が進んでいない場合、例え築100年の瓦屋根でも葺き替えしないで雨漏りを止められる自信があるのです。

最悪(既存の瓦で葺きなおし)か、声を大にして申し上げたい事は、いぶし瓦が雨を通す事は死ぬまで無いということ(割れ 凍み 鳴き除く)スモレ、スモリといわれた、雨漏りは水返しの無い地瓦にのみ起こる毛細管現象が原因と断定しています。掃除か葺きなおしで雨漏りは止りますので、雨漏りを機に葺き替え工事をする必要がありません。そういった経緯が御座いますので、私が屋根雨漏り以外の工事をHPで謳っていても、涼やかにお読みいただければ幸いです。

 

屋根屋として私を育てて下さった皆様へ

2011-06-27

私の屋根との出会いは万国博覧会後の建売ブームの頃、木下瓦店にて7歳の夏休みから職人さんの落とす瓦の新聞紙拾いから始めたのが最初でありました。(※父親が瓦職人でしたので連れて行ってもらいました。)

当時の屋根は土葺き工法が主流でしたので、現場下廻り作業は土上げ方を経まして職人さんの手元、土盛りが一人前に出来るようになる頃19歳でした。3k(きつい、危険、汚い)という流行語を聞きつつ20歳の秋に日本瓦の職人となり22歳で親方から独立、阪神淡路大震災を経まして現在にいたります。正確な数は計りかねますが、私が手がけた屋根(2011年6月27日現在、他店応援含む)

約100件のコロニアル葺き替え

約500件の日本瓦葺き替え

約1000件の目の棟積み替え、漆喰修理、雨漏り修理、コロニアル、ベスト塗り替えリフォームなど、一般住宅はもとより社寺、仏閣など携わらせて頂きました。屋根屋、雨漏り、修理の専門家として現在考えられる私の最善の技量と建材を用いて施工修理させていただきます。

私を育てて頂いた皆様にありましては、感謝と敬意が途絶える事は御座いません。

 

屋根工房きのした 鈴木大輔

伝統技法・銅樋制作・鮟鱇制作も承っております。

建築板金・手作り銅樋制作~取り付け迄

建築板金で使います手作りの銅製樋の制作~取り付け迄を倍速で動画にしてみました。(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

建築板金銅樋工事

建築板金銅樋工事を平成28年大阪府にて施工させていただきました。(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

建築板金・銅製隅飾り

建築板金・銅製隅飾りの動画です。(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

屋根漆喰工事 塗り方

H23年、大阪府摂津市にての屋根漆喰動画です(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

屋根漆喰工事の下地処理

漆喰の寿命を決める大変重要な作業です。H23年吹田市にて(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

当店使用の主要副資材

屋根修理・雨漏り修理で当店が主に使用しております副資材です。(⊹^◡^)ノ

日鉄住金ガルバニウム

塗膜10年保障の遮熱塗装

ステンレスパッキンビス

錆びによる膨張割れ無し

屋根雨漏り修理施工エリア

屋根工房きのしたの特徴

雨漏り修理記事検索

屋根の修理 雨漏り修理など屋根のメンテナンス、葺き替えをお考えのお客様 すべての工事に関して職長である私が手掛けさせていただきます。
大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山県で屋根工事修理をご検討中の方、一度ご相談下さい。必ずお力になります。
屋根工房きのした 職長 鈴木大輔 〒5640039 大阪府吹田市清和園町9-16
電話:06-6319-5244 直通携帯電話:090-6752ー2822 FAX:06-7503-2115 営業・受付時間 午前8時~午後5時まで(日・祝日休業)

大阪府はもとより、奈良県・京都府・兵庫県・和歌山県に対応いたします。

旭区・阿倍野区・ 生野区・北区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・中央区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西区・西成区・大阪市西淀川区・東住吉区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区・堺市北区・堺市堺区・堺市中区・ 堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区・池田市・茨木市・交野市・門真市・四條畷市・吹田市・摂津市・大東市・高槻市・豊中市・寝屋川市・東大阪市・枚方市・箕面市・守口市・八尾市・柏原市・羽曳野市・藤井寺市・松原市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市・高石市・泉大津市・和泉市・岸和田市・豊能郡 豊能町・豊能郡 能勢町・三島郡 島本町・南河内郡 太子町・南河内郡 河南町・泉北郡 忠岡町

Copyright © 2011-2017 雨漏り修理,瓦屋根修理工事店,大阪,京都,兵庫,奈良へ安心を. All Rights Reserved.