屋根漆喰工事で雨漏りは直りますか?

御質問で非常に多い屋根漆喰工事で雨漏りは直りますか?という疑問に対して御説明させて頂こうと思います。!!お役にたてる記事と思いますので是非御一読下さいませ。

 

瓦屋根の漆喰とは下記写真の部位の名称です。

屋根漆喰

鬼首漆喰(おにくびしっくい)
面土漆喰(めんどしっくい)
取り合い漆喰(とりあいしっくい)
と私共は呼んでおります。

さて、漆喰を塗れば雨漏りは直ると診断された方に注意して頂きたいのは、瓦屋根の漆喰は各所でその役割が違いますので、漆喰工事で雨漏りが直る場合と直らない場合、また悪化してしまう場合があるという事を御理解して頂きたいと思います。

※漆喰工事で雨漏りが直るケース※

鬼首漆喰や取り合い漆喰などはその部位その物が雨の侵入を防いでいる役割を担います。
技巧によりましては漆喰に頼っていない仕舞い方も御座いますが、
この部位の防水欠損、漆喰の剥離がそのまま雨漏りに繋がるケースは御座います。

下記写真の様に
直下の地瓦を捲り・水道(雨が通った道筋)を確認して補修を施せば雨漏りは確実にしかも低予算で直ります。

水道

※漆喰工事で雨漏りが直らないケース※

では、雨漏りが漆喰工事では直らない面土漆喰の補修についての御説明をさせて頂きます。

面土漆喰と呼ばれる
瓦屋根棟の大部分をしめるこの三日月の形をした漆喰部分。
漆喰が取れているから雨漏りする。詰め直せば雨漏りは直る。という考察も御座いますが、それは全く違うと私は考えております。
面土漆喰はあくまで化粧表面であり豪雨の際発生する返り雨や熨斗瓦垂れからの巻き込み雨を葺き土に干渉させない程度の僅かな防水能力しか御座いません。

返り雨や熨斗瓦垂れからの巻き込み雨の図解

返り雨

熨斗瓦からの巻き込みが予想されるライン

これらの事象を未然に防ぐ為に面土漆喰は厚みが必要で(薄すぎると棟土自体の結露や湿度を吸収した際の膨張で剥離してしまいます。)尚且つ熨斗瓦垂れ(表面)の巻き込み雨を回避する為と、台熨斗瓦継ぎ目からの雨水を受けない様にする為に出来るだけ奥に位置する塗り方をしなければなりません。

剥離し易い面土漆喰
(※奥に位置する面土漆喰でも塗厚が薄いと剥離し易くなります※)

漆喰工事の比較

上記写真の適正工事にて化粧部位としての面土漆喰はその機能を維持します。
※漆喰を取らずに重ね塗る工事だけは意味がありませんので避けて下さい。※

雨漏りを実際止めているのは、面土漆喰では無く
棟瓦の構造とその直下の地瓦の調整で御座います。

棟瓦の構造で雨漏りを止める

棟瓦とは屋根の天辺に載せている瓦屋根の事です。
陸棟(りくむね・ろくむね)
隅棟(すみむね)
降り棟(くだりむね)
妻降り(つまくだり)
稚児棟(ちごむね)
など、箇所によってその呼び名は変わります。

ではこの棟瓦はどのようにして雨漏りを食い止めているのでしょうか?
棟瓦は四角い蒲鉾板の様な瓦(熨斗瓦・のしかわら)を幾つも積み重ねて積んでおります。
当然雨の日には積み重ねている隙間にも雨水が入ってきますが、入ってきた雨水を熨斗瓦の勾配(角度)稀に見る熨斗瓦自体に施設している水返しで雨水を外に排出しております。

最も重要視しなければならないのはこの熨斗瓦の勾配(角度)でありまして、屋根の高低差や立地にも左右されますが、勾配が緩いと簡単に棟の内部に雨水を引きこんでしまいます。

KIMG1524

雨の最終到達点である熨斗瓦、一番最初に積み上げる熨斗瓦の事を台熨斗瓦と呼び、この部位の勾配が写真の様にほぼ水平か逆の勾配ですと普段の雨はなおさら、少しでも風圧を伴えば入水量と排水量の均衡が取れず雨漏りしてしまいます。
雨漏りしないまでも葺き土が常に濡れておりますので熨斗瓦の裏面・水の浸透率が表層より高い釉薬瓦などは凍てによる損傷を招いてしまいます。

また、棟瓦内部の葺き土の量も重要でこれが多過ぎると棟内部の葺き土にも簡単に雨水が浸透してしまいます。

KIMG1526

実際に面土漆喰が位置する適正箇所は写真の青線より上部の位置にあらなくてはなりません。
青線より下の位置にある面土漆喰は、普通の雨でも雨水を受けております。

漆喰を塗る位置

上記の事から、実際に棟からの雨の侵入を防いでいるのは、面土漆喰ではなく、熨斗瓦の勾配と内部の土量の調整である事を御理解頂けたと思います。

改善策としての棟瓦の積み直し工事

下記の写真は、棟瓦の積み直し工事に於きまして目視出来ない熨斗瓦の内部の継ぎ目にも防水処理をしております。
主な理由は、風圧を伴う雨が棟内部に干渉してきた時に、内部熨斗瓦の継ぎ目からも台土に雨水を干渉させない為と熨斗瓦同志の結束力が上がる2つの効果の為で御座います。
また写真の隅棟は、斜めに走っている分、棟瓦内部の雨の干渉量が上から合算され空に対して水平の陸棟より水切れが悪いからです。

熨斗勾配[1]

⑦葺き土量[1]

これら棟瓦の構造が機能していませんと結果として棟内部に侵入した雨水が面土漆喰を内側から破壊してしまい、ようやく目視にて状態の異常に気付く事となります。

KIMG1143

こちらの写真の屋根の状態は、漆喰が取れて雨漏りしているのではなく、棟瓦自体の構造不備によって漆喰が取れてしまったという事です。

では、元々排水機能が低下している上記写真の棟瓦に対し新しい防水機能が高い面土漆喰を塗った場合にどういった事が起こるでしょうか?
古い面土漆喰を押し出してでも雨水を逃がそうとしていた棟は、雨水の出口を塞がれた事により今度は部屋内部へと続く水道を作ってしまいます。
これが安易に漆喰工事をして雨漏りしてしまうメカニズムで御座います。

漆喰

ホームセンターで売っている漆喰には水漏れに注意と書いています。
これは、間違った漆喰工事が膨大な雨漏りの原因と棟瓦自体の損壊を作ってきた証明の様な物と私は解釈しております。

メンテナンス不備でも雨漏りしない場合

上記の考察を完全に無視して漆喰工事をされても雨漏りしない場合も御座います。
その理由は、棟瓦の防水性能が破られましても棟瓦下の地瓦、追い当て調性や水落とし調性が機能している場合です。

追い当て水返し処理[1]

KIMG1531

棟のメンテナンスが悪くても下地瓦に助けられている場合、体感出来る雨漏りは派生致しません。
しかしながら常に雨水が停滞しており、棟瓦自体の脆弱化は避けようがありません。
また、当然本来あるはずの耐震性能も無くなってしまいます。
※充分な小屋組と葺き土の乾燥と土質に守られている棟瓦は、阪神淡路大震災でもその機能を維持していたケースも多々御座います。※

屋根漆喰工事の纏め

①漆喰で雨漏りが直るという診断は漏水箇所によるという事
②棟面土漆喰工事では雨漏りは直らないという事。
(最低限・雨漏り箇所の解体は必要)
③漆喰工事をしてかえって雨漏りしてしまうケースもある事。

メンテナンス時には、無駄な再出費を避ける為に上記棟瓦の構造を知っておいて下さい。御一読頂きましてありがとう御座いました! 🙂