2020年01月12日

意志と選択肢は全くの別物

愛は選択の自由との両翼
何時いかなる時も私にとってはそうで
自由意志のない選択は愛に到れない

そんな事をずっとずっと想ってます
これを贈り届けてくれた神様も居て
もし、
その選択。僕の自由意志の選択が間違って
自分や誰かの感情を傷付けたとしても

(大丈夫
私はあなたの意志を尊重して
私はあなたの弱さ故
犯した、犯して来た、これからも犯してしまうかもしれない
過ちの為に私の栄光を捨てあなたの場所に共に居ます
私は私の意志であなたが選んだ選択肢ではなく
あなたの意志を愛しています)

これを受けた信仰者とは
言わば一人ではありませんので
(私の願う事ではなく
あなたのみこころのままをなさってください)と
祈る事がより多くの方に神の愛が届くと信じていますから
今日もどこかでどなた様かが
自分の意志でその様に祈る訳で御座います。
自分の意志は神の意志と同じくして
栄光を求めていないのでありますね。
ここで完結しており、この様な神様の意志が何時も私の意志を羽ばたかせてくれています。

神の意志と私の意志が
愛の内にあって自由を奏でておる次第で御座います。
この時、魂の慟哭が起こります。
時に言葉を失い、また頂きます。

ですから
選択の間違いがあっても
その選択を選んだ。
また、
選ばざる得なかった意志の尊重は必ずまた愛に到ると信じています。

夜ごと日毎の営みに在りましては
1/3は 価値や価値観からの選択で愛し難い、また、易いかもしれませんけど表裏は同じで
2/3は 愛と意志でありますから選択した価値観は関係ありません。
なので世界の2/3は天使の分布の様に優しいのです。
この様な捉え方に結び付ける事も一考で御座います。

続きましてこの様な見地から
意志の選択の連続が形造られて行く価値観でありますのなら
人の内面の難しい所に想い馳せますと

人の価値観で
裁くな という律法は近い内にその波風は穏やかになります。
何故なら、裁いても許されるからです。

人の価値観で
殺すなという律法は近い内にその風雨は止む事になります。
何故なら、殺しても許されるからです。

ただ、そうであっても
罪も犯罪もその様な選択肢は神が選ぶ選択肢から逃れる事は出来ません
被害者の意志も加害者の意志も共に亡者になってしまってはいけないからですね。
その様な負の連鎖は神の愛の内に在って何時か必ず分断されると信じています。

それでもなお
罪を犯した人の意志は必ず救われます。
罪を犯さなかったと自負する方の意志も必ず救われます。
意志と選択肢は全くの別物自負も犯罪も意志ではなくて選択肢だからです。

こうなると、鼻に付く過剰なまでの自慢も否定も誹謗中傷も罪が生むただの選択肢と捉える事が出来、選択肢が何故、意志を捕まえる事になるのか?事象自体の捉え方がすり替えられていないか?と、愛を行使する際にはよくよく吟味する必要性が私には必要で御座います。
自分自身がどちらの立ち位置に居るかの考慮も共に必要で御座います。

ですので

救いは負の選択肢を煉獄に投げ入れても
人の意志を亡者にはしません。

ただ、それを具現化出来る力は当然私の内にはありませんので未だ見れていない状態でもあります。

そうでありますから私の希望でもありますし
もしも見えているのなら、手にしているのなら
それは希望ではなく、全き平和の鐘の音そのもので御座います。

ですので、人の感情を負の選択肢が殺しに来ても
その様な選択肢が身近でも距離感が在ったとしても

その選択肢で人の意志を殺す事は出来ません。
神が全ての人の意志を創始以来から愛しており共に留まって居てくれているからで御座います。

私はその様に捉え営んでおります。
これもまた、個人的な考察故の一つの選択肢でもあります。(^^;)

(。´・ω・)? さて、そんな感じでブログと事務作業に勤しむ日曜日で御座います。
そうしますと、他の発信者の方の文面を見て感じて・・

今日は、とても嬉しい事がありました。
ちょっとウキウキしております。
ウキウキして書いちゃったのかな。
いや、その恩恵を受けて書けたのでしょうか?(笑)

どっちにしても
そうですね・・

ドデカイ恵が釣れるといいですね!!

(⋈◍>◡<◍)。✧♡ いいですねぇ~って震えてる。w
ウキがプルプルしちゃってます(笑)

本日もありがとう御座いました。m(__)m