2020年01月04日

ノアの箱舟からの気付き

実兄にこの家は動物が沢山居てノアの箱船状態やね。
こんな言葉を頂きました。

ノアの箱舟は皆さんご存知の様に旧約聖書の物語の一つで
ノアさんがあらゆる動物のつがいを大きな船に乗せて神の怒りから遠ざけたというお話です。

ここから頂いた新たな気付きは
愛の内に留まるとはまさにこの箱舟の様で
ここに集う動物達は人々が持つ様々な価値感覚

この様に感じました。
この様な解釈は異端者の域を出る事はありませんが
頂いた感性は私を更に愛へと導いて行ってくれます。

その様な世界観から自分の価値観を視ようとするのでありますが
最早、価値感覚より全体を感じ視る世界感覚の方が強く

ここで実兄と私とで今まで繋がれていた
負の連鎖を断ち切ろうと語り合いました。

明確に、私達が繋がれた
忌み嫌われる価値観であっても
また、心地の良い価値観でありましても

価値感がもたらす好き嫌いは元より
どちらも滅ぶ事を望んではいけないねと
ノアの箱舟からその様に意識を馳せる次第であります。

自由と愛は何時も両翼でどちらも切望する大切な私達の感覚
船と海の様な兆しでもあるのでしょう

何時もありがとう御座います。
これを頂いた現場にて一つづつ
具現化して参ります。